• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

『海老蔵歌舞伎』初日、34年ぶりに成田屋親子『実盛物語』で共演

 歌舞伎俳優の市川海老蔵、長男の堀越勸玄が29日、東京・明治座で行われた『海老蔵歌舞伎』に出演。34年ぶりに成田屋の『実盛物語』親子共演が実現した。

【写真】その他の写真を見る


 演目は『実盛物語』と新作歌舞伎舞踊『KABUKU』。『実盛物語』は、武将斎藤実盛と源氏の白旗をめぐって繰り広げられる物語で、平家方の武士で武芸と知性と情を兼ね備えた爽やかな武将・斎藤実盛を海老蔵が演じ、物語の鍵を握る堅田の百姓の娘小まんの倅・太郎吉を勸玄が演じる。成田屋親子と『実盛物語』は1956年1月新橋演舞場からの歴史があり、海老蔵の祖父・十一代目市川團十郎(当時・九代目海老蔵)と父・十二代目市川團十郎(当時・市川夏雄)が実盛と太郎吉を演じた。1987年5月歌舞伎座では海老蔵自身が七代目新之助の名で、父・十二代目市川團十郎と実盛、太郎吉で共演している。

 今回、34年ぶりに成田屋の『実盛物語』親子共演が実現した。南座でも開催されるが勸玄が東京を離れ、歌舞伎の発祥地・京都にある南座の舞台に初めて立つことでも話題となっている。

 新型コロナウイルス感染症防止のため、客席からの大向う(掛け声)が掛けられない中でも観客の温かい心のこもった大きな拍手が劇場を満たす。勸玄も子役にとって大役の一つの太郎吉を無事に務めた。もう一つの演目は音声配信アプリ「Clubhouse」から誕生した新作歌舞伎舞踊『KABUKU』を上演。コロナ禍の中、満員約87%の観客だったが、初日の幕が無事に開いた。

 『海老蔵歌舞伎』は、あす30日も同所で、6月4日から13日に京都・南座にて上演される。

関連写真

  • 『実盛物語』(左から)斎藤実盛=市川海老蔵、太郎吉=堀越勸玄 (C)松竹
  • 『実盛物語』(右から)斎藤実盛=市川海老蔵、太郎吉=堀越勸玄 (C)松竹
  • 『実盛物語』 (C)松竹
  • 『実盛物語』(左から)市川海老蔵、市川右團次(C)松竹
  • 『実盛物語』斎藤実盛=市川海老蔵(C)松竹

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索