峯岸みなみ、28日にAKB48劇場で卒業

 AKB48最後の1期生・峯岸みなみ(28)の卒業公演が、28日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われることが決定した。自身のレギュラーラジオ番組、TOKYO FM『峯岸みなみのやっぱり今日も褒められたい』(毎週木曜 後9:00)で発表した。22日に神奈川・ぴあアリーナMMで行われる卒業コンサートを経て、28日に“ホーム”の劇場でAKB48メンバーとしての15年半の活動にピリオドを打つ。

 峯岸は番組の最後に「ここでみなさんにお知らせがあります。実際のAKB48からの卒業は、劇場公演で卒業するという“しきたり”がありまして、卒業コンサートの後に秋葉原の劇場で公演をして卒業となります。その卒業公演の日程が決まったので、この場で初めてお知らせさせていただきます」と切り出すと、「私、峯岸みなみ卒業公演、本当の卒業日は5月28日金曜日17時半からAKB48劇場での公演をもって卒業する形で決まりました」と報告。「最後の最後までAKB48の峯岸みなみをよろしくお願いします」とあいさつした。

 峯岸は『AKB48オープニングメンバーオーディション』に合格し、1期生として2005年12月8日に劇場デビュー。13年1月に恋愛スキャンダルが報じられたときには、丸刈りにして謝罪した動画をYouTubeで公開し波紋を広げた。研究生降格から出直しを図り、同年8月、正規メンバー復帰とともにチーム4キャプテンに就任してからは後輩の育成に尽力した。昨年4月2日に横浜アリーナで卒業コンサートを行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。1年越しに卒業を迎える。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索