[Alexandros]新ドラマー・リアド偉武が加入 新ビジュアル公開

 ロックバンド[Alexandros]が10日、新メンバーとしてリアド偉武が加入したことを発表し、新アーティスト写真を公開した。リアドは2019年から2年間にわたってサポートドラムとして活動してきた。

 2010年からドラムを担当してきた庄村聡泰が2019年に局所性ジストニアと診断され、活動休止。リアドはそれから2年間にわたってサポートドラマーとして活動してきたが、先月21日、千葉・幕張メッセで行われたデビュー10周年記念ライブをもって庄村が勇退。リアドが新メンバーとして加入することが決定した。

 [Alexandros]は「リアド偉武を新たなドラマーとして迎え入れる運びとなりました。最強の仲間が加わってくれました」と紹介。リアド偉武は「自分の中のすべての情熱を燃やして[Alexandros]のドラマーとして生きていきたいと思います」と決意表明した。

 新体制の[Alexandros]は、5月5日に映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』主題歌に起用された新曲「閃光」をリリース。6月17日から宮城・仙台GIGSを皮切りにライブハウスツアーを開催する予定。

■[Alexandros] コメント
この度[Alexandros]はリアド偉武を新たなドラマーとして迎え入れる運びとなりました。
最強の仲間が加わってくれました。これからのアレキサンドロスを楽しみにしておいてください。
今後ともよろしくお願いします。
[Alexandros]一同

■リアド偉武(Dr) コメント
[Alexandros]のメンバーのひとりとしてドラムを叩く事になりました。
このバンドで叩き始めてから感じた様々な事、それを言葉にするのは簡単ではありません。
その中で一つ確かに言えるのは、洋平、ヒロ君、まーくんと一緒にどこまでも進んで行きたいという事です。
それが今自分の中にある素直な気持ちです。
ライブや、レコーディング、リハーサル、その一つ一つの瞬間に気持ちを込めてきました。途方もない刺激を受けました。
そしてそれが何よりも楽しかった。
自分の中のすべての情熱を燃やして[Alexandros]のドラマーとして生きていきたいと思います。
よろしくお願いします。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索