クイーン『日本GD大賞』洋楽部門3年連続受賞 ブライアン・メイ「長年に及ぶ日本との特別な絆」

 日本レコード協会が15日、『第35回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表した。昨年1年間でCD、音楽ビデオ、有料音楽配信等の正味売上実績が最も多かったアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」洋楽部門は英ロックバンド・クイーンが受賞した。3年連続(4度目)での受賞はセリーヌ・ディオン(第12〜14回)以来2組目となる。

【写真】その他の写真を見る


 レコ協によると、アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)を受賞したクイーンは、対象期間内(2020年1月1日〜12月31日)にアルバム9万11枚、音楽ビデオ7041枚、音楽配信11万7169ダウンロードを売り上げた。

 ブライアン・メイ(Gt)は「親愛なる日本の皆さま、この度は3年連続『インターナショナル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー』に選出していただきありがとうございます! とても光栄です! 長年に及ぶ日本との特別な絆は私たちにとって非常に大切なことです。この困難な状況を乗り越えて皆さんと早く逢えることを楽しみにしています。ドウモ・アリガトウ! ジャパン・ロックス!」とメッセージ。

 ロジャー・テイラー(Dr)も「3年連続『インターナショナル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー』に選出していただきとても光栄です!日本との長く親密な関係がいまだに強力で継続していることを誇りに思います。心から感謝いたします」と喜びの声を寄せた。

■『第35回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品一覧

▽アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】(2年連続7回目)
【洋楽】クイーン(3年連続4回目)

▽ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】BTS

▽ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
氷川きよし

▽ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】SixTONES
【洋楽】Jawsh 685
【アジア】TOMORROW X TOGETHER

▽アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】『STRAY SHEEP(米津玄師
【洋楽】『クロマティカ』(レディー・ガガ
【アジア】『MAP OF THE SOUL:7 〜THE JOURNEY〜』(BTS)

▽シングル・オブ・ザ・イヤー
「Imitation Rain / D.D.」(SixTONES vs Snow Man
「D.D. / Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES)

▽ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー
『ARASHI Anniversary Tour 5×20』(嵐)
『スティール・ホイールズ・ライヴ』(ザ・ローリング・ストーンズ
『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' - JAPAN EDITION』(BTS)

▽ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】「I LOVE...」(Official髭男dism
【洋楽】「Closer (Tokyo Remix) (feat. 新田真剣佑)」(The Chainsmokers)
【アジア】「Dynamite」(BTS)

▽特別賞
「香水」瑛人
LiSA

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 嵐が「日本GD大賞」史上初V7 5冠に輝く
  2. 2. クイーン『日本GD大賞』洋楽部門3年連続受賞「長年に及ぶ日本との特別な絆」
  3. 3. BTSが『日本GD大賞』アジア部門V3&8冠「真心を伝えることができる音楽を」
  4. 4. SixTONES『日本GD大賞』新人賞「忘れられない年になりました」
  5. 5. SixTONES vs Snow Man『日本GD大賞』シングル部門受賞 AKB48のV11阻止
  6. 6. 『日本GD大賞』新設のストリーミング賞はヒゲダン、チェンスモ、BTS

関連写真

  • 第35回日本ゴールドディスク大賞「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」洋楽部門を受賞したQueen
  • 『第35回日本ゴールドディスク大賞』ロゴ
  • 『第35回日本ゴールドディスク大賞』ロゴ
  • 『第35回日本ゴールドディスク大賞』ロゴ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索