日韓で人気 2歳児ののちゃん、史上最年少デビュー いぬのおまわりさんが「天使」「癒やし」と話題

 「いぬのおまわりさん」を歌う愛らしい動画がYouTubeで1370万再生を突破する人気ぶりを見せていいる“ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃんが、史上最年少2歳11ヶ月で童謡歌手として5月26日にCDデビューすることが決定した。

 ののちゃんは、2018年5月31日生まれ。弱冠2歳5ヶ月で『第35回 童謡コンクール こども部門』に出場し、「いぬのおまわりさん」を元気いっぱいに歌って史上最年少で銀賞を受賞。2020年12月26日に同コンクールのYouTubeチャンネルに歌唱動画がアップされると、「かわいすぎる」「癒やされる」とSNS上で話題を呼び、2ヶ月足らずで1370万再生を記録している。

 今年1月4日には、YouTubeに「ののちゃんねる」を開設し、わずか1ヶ月半で登録者数は30.9万人、チャンネル総再生回数は250万回。「在宅疲れを癒やす天使」の人気は日本のみならず韓国まで広がり、ジェジュンや少女時代のテヨンがSNSを通じてののちゃんファンを公言。韓国のファンの間では、歌うののちゃんのファンアートを描くことが流行するなどブレイクしている。

 そんなののちゃんが、5月26日にソロアルバム『ののちゃん 2さい こどもうた』で童謡歌手としてキングレコードからソロデビューすることが決定。発売に先駆け、人生初のレコーディングに挑む姿を記録したMV「とんとんとんとん ひげじいさん〜ののちゃん はじめてのレコーディング〜」が、3月下旬に先行配信予定となっている。

 きょう25日には、YouTubeでMV収録時のオフショット動画を公開。ぬいぐるみをぎゅっと抱きしめたり、プレイバック中の動画に合わせて体を揺らしたりと、愛くるしい姿に癒されること必至の映像となっている。「ののちゃんねる」では、本人のコメント動画も公開。椅子にちょこんと腰をかけ、明るくレコーディングの感想など話している。



YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 史上最年少で童謡歌手としてソロアルバムのリリースが決定した”ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃん
  • 史上最年少で童謡歌手としてソロアルバムのリリースが決定した”ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃん
  • ののちゃんのレコーディング風景

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索