• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 西川貴教、美ボディ大会『BEST BODY JAPAN』で優勝 筋肉美を惜しげもなく披露「出し切りました」

西川貴教、美ボディ大会『BEST BODY JAPAN』で優勝 筋肉美を惜しげもなく披露「出し切りました」

 歌手の西川貴教(50)が12日、横須賀芸術劇場・大劇場で開催された世界初の年齢別ボディコンテスト『ベストボディ・ジャパン(以下BBJ)2020日本大会』に出場し、モデルジャパン部門ゴールドクラス(50歳〜59歳)で優勝した。惜しくもモデルジャパン部門のクラスをまたいだ総合優勝は逃した。

【写真】その他の写真を見る


 西川は、「映画『天外者(てんがらもん)』の舞台挨拶があったのですが、監督に無理を言ってこの大会に出場しました。なので映画を観てください」と明かした。司会者から「(肉体づくりの)アピールはいいですか?」と尋ねられたが、「出し切りました。今日はもうこれ以上(コメントは)無理です」と笑顔を見せた。

 全身のバランスが取れたスリムなボディを競いあうモデルジャパン部門(モデルジャパン2020日本大会)のゴールドクラスには、22名がエントリー。日本一決定戦にふさわしい筋肉美の持ち主が勢揃いするなか、ひときわ目をひいた西川。歌手、俳優としての姿とは異なる鍛え上げられた肉体美を惜しげもなく披露した。西川の登場と共に、会場に足を運んだファンが、声援を送っていた。

 11月23日に行われた『BBJ滋賀大会』に一般でエントリーした際には、ゴールドクラスで優勝、モデル部門で準優勝。Twitterで報告した際には、「未だにフィットネスに対してナルシズムや自己顕示欲の象徴だという人が多いですが、どんな大会も準備から出場まで本当に大変です。だからこそフィットネスを志す方は皆んな優しく素敵です。今回そういった誤解を解くキッカケになれたら嬉しいです」と語っていた。

 また、日本大会出場前には、「『有名人だから下駄履かせてもらってる』と揶揄されるのが嫌だったんので無告知でエントリーしましたが、今回は真正面から挑みます!応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけていた。大会前日には、トレーニングのほかに、卵を36個食べるなど準備に余念がなく、「ここまでやってきたことを信じ、焦らずしっかり準備していきます」とコメントしていた。

 同大会は、2013年にボディビルとは異なる美しさを目指して設立された。今年は、新型コロナウイルスの影響もあり7月上旬までの期間大会を中止していた。7月12日から行われた、各地の予選大会で上位入賞を果たした582名の精鋭たちが、日本一の座を賭けた大舞台に臨んだ。

関連写真

  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』のモデルジャパン部門ゴールドクラスで優勝した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』のモデルジャパン部門ゴールドクラスで1位の西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.
  • 『ベストボディ・ジャパン2020 日本大会』に出場した西川貴教 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス

 を検索