NGT48、8月に劇場公演再開へ 誹謗中傷には「継続的に対応」

 新潟を拠点に活動するNGT48が21日、新潟市内のNGT48劇場で「今後の活動に関する発表会」を開き、運営会社Flora(フローラ)の岡田剛代表取締役社長が劇場公演の再開などを報告した。

【写真】その他の写真を見る


 岡田社長は、新型コロナウイルス対策を講じたうえで8月初旬に劇場公演の再開を目指すとし、出演人数を絞り、ソロまたは少人数(最大6人程度)でのユニット公演のみを行うこと、ソーシャルディスタンスを保ったパフォーマンスなど演出を変更することなどを説明。定員295人に対し、観客は50人以下とし、声援を制限。新潟県内の観客に限るなど、さまざまな対策を打ち出した。

 公演再開に先駆け、メンバーが4曲を披露。本間日陽は「人数は通常公演より少し減ってしまいますが、またファンの方に生でパフォーマンスをお届けできることをとてもうれしく思います」と笑顔。富永夢有は「ソーシャルディスタンスを意識してのパフォーマンスでもファンの皆様に喜んでいただけるように頑張ります」と意気込んだ。

 新潟の企業2社とのコラボレーションも発表。男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の新潟アルビレックスBBのホームゲーム時のイベント出演や、シーズンオフには学校訪問、地域清掃などのボランティア活動を一緒に行うとした。新潟のテーマパーク「サントピアワールド」では、9月5・6日の2日間、入場無料の「NGT48デー(仮称)」が実施されることも発表となった。

 岡田社長は「私どもNGT48はこれからも新潟を拠点に、新潟の良さを全国、そして世界へ広げるために一生懸命に活動していきたいと思っております。ただ私たちの力だけではどうすることもできません。今回、一緒にお取り組みさせていただく新潟企業の皆様をはじめ、これからご協力いただける方々と一緒に新潟を元気にしていけるようなグループにしていきたいと思っております」とあいさつした。

 質疑応答では、SNSでメンバー5人を誹謗中傷した容疑で男が逮捕されたことに対し、岡田社長は「メンバーが傷つくことはあってはならない」とし、今後も弁護士や警察などと相談して継続的に対応するとした。

 なお、パフォーマンスは本間がソロで「ナニカガイル」、小熊倫実角ゆりあが「今ならば」、小越春花小見山沙空寺田陽菜古舘葵、富永夢有、諸橋姫向が「嫌いなのかもしれない」、安藤千伽奈佐藤海里對馬優菜子藤崎未夢が「最強ツインテール」を披露した。

関連写真

  • NGT48劇場で行われた「NGT48今後の活動に関する発表会」(C)Flora
  • NGT48劇場で行われた「NGT48今後の活動に関する発表会」(C)Flora
  • 本間日陽はソロで「ナニカガイル」を歌唱=「NGT48今後の活動に関する発表会」(C)Flora
  • 本間日陽はソロで「ナニカガイル」を歌唱=「NGT48今後の活動に関する発表会」(C)Flora
  • 本間日陽はソロで「ナニカガイル」を歌唱=「NGT48今後の活動に関する発表会」(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora
  • 「NGT48今後の活動に関する発表会」より=新潟・NGT48劇場(C)Flora

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索