アニメ&ゲーム カテゴリ

『ジャンプ』支える若手作家たち 呪術廻戦、アクタージュ…危機感あった編集部の新人発掘が奏功

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で先月、人気絶頂で完結した『鬼滅の刃』。作者の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)は、初めての連載でブームを巻き起こした。看板作品が1つ終わった中で「これからのジャンプは大丈夫?」と心配する声もあるが、アニメ放送が控える『呪術廻戦』や、多くの企業コラボや舞台化される『アクタージュ act-age』など、今、若手作家たちによる作品が人気だ。どちらも連載2年で漫画の枠を超える作品になったが、それは編集部が力を入れてきた“新人発掘”の努力の成果でもある。

■編集部が満場...

この記事の画像

  • 『週刊少年ジャンプ』で連載中の(左から)『呪術廻戦』と『アクタージュ』のコミックス第1巻
  • 『週刊少年ジャンプ』で連載中の『呪術廻戦』コミックス第1巻
  • 『週刊少年ジャンプ』で連載中の『アクタージュ』コミックス第1巻
  • 『週刊少年ジャンプ』の中野博之編集長 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索