アニメ&ゲーム カテゴリ

7万円の『ドラえもん』全45巻は利益少ない… 購入者限定で“どこでもドア”本棚販売

 12月1日に発売される人気漫画『ドラえもん』の「100年先の未来まで届けたい」をコンセプトに作られた愛蔵版全45巻セット『100年ドラえもん』。数量限定生産の本体価格7万円(税別)で、28日より全国書店にて予約受付がスタートするが、それに先立ち小学館が27日、都内で記者説明会を開催して詳細を発表した。

【写真】その他の写真を見る


 これは、ドラえもんが、小学館の幼児・学習雑誌である6つの雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)の1970年1月号に初登場して以来、今年で50周年を迎えたことを記念して企画されたもの。

 発売される『100年ドラえもん』は、『ドラえもん』出版史上初となる全巻ハードカバー・布クロス装となっており、この本を100年先、ドラえもんが誕生する22世紀まで残したいという思いを込めて、用紙から印刷・製本まで経年劣化を極力軽減することを意識した仕様となっている。また、掲載原稿はすべて最新の技術でリマスターされる。

 購入者のターゲット層は50〜60代とし、担当者は「先日発売された『ドラえもん』0巻の購入者の大半は50代の男女でした。とはいえ、『ドラえもん』は一家で読める作品なので、自宅で子どもや孫が読むことを想定しています。ですので、丈夫に作り、100年先も読めるようにしました」と意図を説明した。

 発売されることが先日発表された際、本体価格の7万円が「高い」という声が出ていたが「通常の単行本は420円で設定しており、今回のセットは購入特典の別冊3点を含め全48冊、1冊あたり大体1400円で約3倍となっている。正直、原価率が高くて利益が多く出るものではないのですが、『ドラえもん』を多くの方に読んでもらいたい思いで発売いたします。ですのでお買い得です」と明かした。

 この日は、購入者限定販売される「どこでもドア型本棚」をお披露目。家具メーカー・カリモク、メディアコム・トイ、小学館で共同開発したもので、コミックス45巻が15冊ずつ、3段で入る仕様となっている。(同梱されている申込書で受付、価格は後日発表で無料配送)

 なお、購入特典は5点あり、1:「厳選カラー“幻”画集『ドラ絵もん』」(傑作扉絵やカット類を発表当時のオリジナルカラーで収録。『藤子・F・不二雄大全集』に未収録の原画もあり)、2:完全索引別巻『引くえもん』(ひみつ道具&キャラクターから登場巻を引ける索引巻)、3:『ドラえもん』0巻豪華装丁版(6種類の第1話を収録した0巻)、4:『ドラえもん&のび太 100年後もまんがを読んで爆笑フィギュア』メディコム・トイ製(第40巻「タイム・ルーム 昔のカキの物語」のワンシーンを完全再現)、5:超大型タイムふろしき(110×110センチ コミックスは15冊ずつ3つの専用ケースに入っており、それら3つのケースをタイムふろしきに包んで届けられる)。

関連写真

  • 漫画『ドラえもん』愛蔵版全45巻セット (C)ORICON NewS inc.
  • 漫画『ドラえもん』愛蔵版全45巻セット (C)ORICON NewS inc.
  • 漫画『ドラえもん』愛蔵版全45巻セット (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索