サブスク解禁のaiko、移り変わる音楽産業にも「変化があったとしても音楽の根本は変わらない」

2月に最新シングル「青空」を発売したシンガー・ソングライターのaiko。同日には、デビューから21年間にリリースされた最新シングル含む全414曲のサブスクリプション(定額制)ストリーミング配信を解禁した。さらに今月、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期となったライブハウスツアー『Love Like Rock vol.9』を、YouTubeチャンネル「aikoOfficial」を通じてライブ『Love Like Rock vol.9〜別枠ちゃん〜』として配信するなど、新たな試みを続けている。デビューから21年間、「恋愛の伝道師」として第一線を走り続けてきたaikoに、楽曲への想いや、変化する時代の中でアーティストとして活動することの意義を改めて聞いた。

■「私の心の中...

この記事の画像

  • 最新シングル&サブスク解禁について、インタビューに答えてくれたaiko
  • aiko最新シングル「青空」ジャケット

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索