『めざましテレビ』新テーマは朝なのに「Hello」 ヒゲダンが新曲提供

 4月で放送27年目に突入するフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』(月〜金 前4:55)の新テーマソングが、4人組ピアノポップバンド・Official髭男dismの新曲「Hello」に決定した。ヒゲダンが情報番組のテーマソングを書き下ろすのは今回が初となる。

 新テーマソングのタイトルは、朝の番組なのに「Hello」。軽快なメロディーに温かな歌詞を乗せた1日のはじまりにふさわしいアップテンポなナンバーとなっている。

 フジテレビ情報制作センターの高橋龍平チーフプロデューサーは「朝なのに、なぜ“ハロー”なのか!? そうきたか、と。それと同時に、新テーマソングにふさわしい名曲になると思いました」「まさに今番組が伝えたいメッセージにぴったりの応援ソングです。朝起きて、ヒゲダンの『Hello』から始まる『めざましテレビ』を見ていただければ、ワクワクして思わず足が前に出ます」と自信を深めている。

 作詞作曲を手がけた藤原聡(Vo/Pf)はタイトルについて「『新しい出来事や感情、人など、人生におけるさまざまな“出会い”に対するあいさつ』という意味が込められています」と説明。「1日を過ごす中で、もちろんうれしい出来事ばかりではなくて、目をそらしてはいけない問題や、頑張らなければいけないこともたくさんあると思います。その上で、自分が大事にしている夢をかなえるために、日々頑張っている人を肯定して応援できる、Official髭男dismらしい楽曲を作りました」と楽曲に込めた想いを明かした。

 新テーマソング「Hello」は、3月30日放送回から使用される。

■Official髭男dism コメント
この度、『めざましテレビ』テーマソングを担当させていただくことになりました。楽曲タイトルの『Hello』には「新しい出来事や感情、人など、人生におけるさまざまな“出会い”に対するあいさつ」という意味が込められています。1日を過ごす中で、もちろんハッピーな出来事ばかりではないと思いますが、自分の夢に向かって日々頑張っている人を肯定して背中を押せるような内容になっています。聞いていると元気が出てくる楽曲です。ぜひ楽しみにしていただければと思います。

■高橋龍平チーフプロデューサー(フジテレビ情報制作センター)コメント
2020年の『めざましテレビ』新テーマソングは、「一歩前に踏み出したい人の背中に、そっと手を添えてくれる応援ソング」にしたい。そう決めたとき、真っ先に浮かんだのがOfficial髭男dismでした。“ヒゲダン”の楽曲は、今この時代に生きる人々が日常の中で感じていることをビビッドに捉え、その心の機微を絶妙なワーディングで表現し、音楽にのせています。思わず、「そう!あるある」と共感してしまう…。“ヒゲダン”なら、『めざましテレビ』を毎朝見てくださる、たくさんの視聴者に寄り添うテーマソングを作ってくれる。そう確信し、オファーしました。

しかし数ヶ月後、初めてデモを聞き度肝を抜かれました。朝なのに、なぜ“ハロー”なのか!? そうきたか、と。それと同時に、新テーマソングにふさわしい名曲になると思いました。1日のはじまり、学校・職場に行きたい日もあれば、行きたくない日もある。朝食を作るのがつらい日もあるかしれない…。そんな視聴者にとって、『めざましテレビ』は太陽のようなぬくもりを感じる、あたたかい存在でありたいと願っています。『Hello』は、まさに今番組が伝えたいメッセージにぴったりの応援ソングです。朝起きて、“ヒゲダン”の『Hello』から始まる『めざましテレビ』を見ていただければ、ワクワクして思わず足が前に出ます。ご期待ください。

関連写真

  • 『めざましテレビ』の新テーマソングを担当するOfficial髭男dism
  • 4月から放送27年目を迎える『めざましテレビ』(左から)三宅正治(フジテレビアナウンサー)、永島優美(フジテレビアナウンサー)

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索