• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 海老蔵、父と妻に寂しさも「背伸びせず精一杯やる」 自身の成長も実感

海老蔵、父と妻に寂しさも「背伸びせず精一杯やる」 自身の成長も実感

 5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名する歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が7日、5月〜7月にかけて東京・歌舞伎座で行われる襲名披露興行の発表会に出席。襲名後初となる5月大歌舞伎では、歌舞伎十八番の『勧進帳』と『助六由縁江戸桜』が上演される。海老蔵の長男・勸玄くん(6)は八代目市川新之助を襲名し、6月大歌舞伎の『外郎売』で初舞台に臨む。

【写真】その他の写真を見る


 海老蔵を襲名した時を振り返り、「一言で言えば心細い」と本音を吐露。「その時は横を見れば父が十二代目市川團十郎として座ってくれていた。そして妻も、まだ結婚はしていなかったですけども。今は自分としても父親がいないのは非常に心細い。本来支えてくれるはずだった麻央もいない」とつぶやいた。

 それでも「襲名は大きなこと。役者1人が頑張ってもどうにもならないことはたくさんあると痛感している。その中で父、妻がいない。子供の襲名、自分自身も大きな名跡を相続するのはいろんなことを感じる。あの時の浮かれてる感じは全くなく、ちょっと落ち着いたのかなと。『時と経験は人を変えていくのだな』ということを感じている」と若かりし頃を回顧し、自身の成長を実感していた。

 これから臨む大舞台について「自分が頼りにされて、また自分が頼りにする人間がいないという状況の中でこの3ヶ月間、また大阪など地方各地を回る長丁場をどういう風にやっていくか。至らぬことだらけだが、自分のできることを背伸びせずにやっていくことが精一杯かなと思ってます。海老蔵襲名の時とは全然心境が違うかなと思ってます」と語り、間近に迫る十三代目市川團十郎襲名を見据えた。

 5月大歌舞伎は3日〜27日(15日は休演)で『勧進帳』『助六由縁江戸桜』、6月大歌舞伎は1日〜25日(12日は休演)で『暫』『外郎売』『勧進帳』、7月大歌舞伎は1日〜20日で『押戻し』『男伊達花廓』、『山姥』『景清』『助六由縁江戸桜』が上演される。

 江戸時代から続く市川團十郎の名跡は、歴代がその名を受け継ぎ、常に江戸歌舞伎の中心として歌舞伎の歴史を築いてきた。十二代市川團十郎は海老蔵の父だったが13年に肺炎のため、死去。五輪も開催され、世界から日本、そして東京が注目される2020年に團十郎の名跡が7年ぶりに復活する。白猿は五代目團十郎が「祖父や父にはおよばない」と用いた俳名。

 勸玄くんは海老蔵と小林麻央さんの長男。15年11月に2歳8ヶ月で歌舞伎座『吉例顔見世大歌舞伎』で初お目見えを飾った。昨年1月には新橋演舞場で行われている『初春歌舞伎公演』で長女の麗禾ちゃん(8)と海老蔵を含め親子3人で共演をしている。

関連写真

  • 襲名披露興行の発表会に出席した市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した堀越勸玄くん (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した(左から)堀越勸玄くん、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した(左から)堀越勸玄くん、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した(左から)堀越勸玄くん、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した(左から)堀越勸玄くん、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した(左から)堀越勸玄くん、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名披露興行の発表会に出席した(左から)堀越勸玄くん、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索