アニメ&ゲーム カテゴリ

“婚活”描く『りぼん』漫画に少女共感 SNS評価で「他人気にする」恋愛観のリアルさに支持

『りぼん』で連載中の人気作品『初×婚』コミックス第1巻 (C)黒崎みのり/集英社

『りぼん』で連載中の人気作品『初×婚』コミックス第1巻 (C)黒崎みのり/集英社

写真ページを見る

 少女漫画誌『りぼん』で2019年6月号より連載中の『初×婚(うい×こん)』が今、読者からの人気を集めている。高性能なマッチングシステムを用い、生徒が『結婚を前提に恋愛』をするという今までの少女漫画にはなかった新感覚な設定、先の読めない展開が読者の心を掴み、連載作品のなかでも人気はトップクラス。連載9話目までで雑誌の顔となる表紙を既に2度、巻頭カラーを3度も飾ることは“異例”で、ヒットの兆しをみせているという。なぜ、少女漫画の王道である「恋愛」ではなく「結婚」をテーマにしたのか?を作者・黒崎みのり氏と担当編集者に聞くと、「家族愛」のテーマにもつながった黒崎氏の病気の経験と読者層の小・中学生の恋愛観を明かしてくれた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、DNAデータや心理テスト結果などをまとめたマッチングシステムで選ばれた男女2人のカップルが、入学時から寮生活するという特殊な学校を舞台に、3年後に最も優れたカップル「金の夫婦の卵(ゴールデンカップル)」に選ばれることを目指すストーリーだ。これに選ばれると、卒業と同時に“入籍&IT大企業の社長の座が約束”されている。

――『りぼん』読者の年代(小学校の高学年から中学生)を考えると、異性に興味を持ち始めコイバナなどが楽しい時期だと思います。なぜ、恋愛より結婚をテーマにしたのでしょうか? キャッチコピー「結婚を前提に恋が、はじまる」のように、ティーン世代に向けて婚活を伝えることは理解し難い気もしますが。

【黒崎】まず、担当さんと私が結婚を題材にした作品が好きだというところから構想は始まりました。読者層に対して「恋愛より先に結婚について考える」設定というのは、確かに唐突だと大人は思うかもしれませんが、読者のティーン世代は“結婚”のワードに意外と違和感や抵抗感がないと思います。好きな人ができて、付き合えたら、その人と結婚してずっと一緒にいたいな、と素直に思える世代なのではないでしょうか?みなさん経験があると思うのですが、好きな男の子の名字と自分の名前をあわせてみたり、自分の名字に男の子の名前をあわせてみたり、将来生まれてくるであろう子どもの名前を考えてみたり…(笑)。

【担当】「理解し難い」と思うのは、歳を重ねてリアルな結婚観が生まれてくる大人だからこその感想。この漫画を婚活漫画と思って読んでいるりぼん読者は、いないと思います。イベント等でりぼん読者に『初×婚』の感想を聞くと、結婚をそんなに意識せず、キュンキュンできる恋愛漫画として読んでくれています。

【黒崎】もちろん、「結婚」をファンタジーにはしたくないので、現実的なことも意識しています。今、女の子は16歳で結婚ができるのですが、将来、男女ともに18歳にならないと結婚ができなくなる可能性があります(※民法改正 施行前)。主人公が16歳でいきなり結婚するという設定にもできましたが、16歳だと数年後に読み返した時に「時代が古いな〜」と思われるかもしれない。そういう時代背景についても考慮しながら、担当さんと打合せを重ねていきました。

――「金の夫婦の卵(ゴールデンカップル)」を目指すために主人公の倉下初(くらげ・うい)とパートナーの男の子・鮫上紺(こうがみ・こん)ら各カップルが『結婚を前提とした恋愛』をしていきます。その評価方法が勉強の成績だけでなく、IT企業の広報がカップルたちの日常生活を写真で撮りSNSにアップし“いいね”や“減点”評価をしていきます。恋愛について第三者が評価していく設定は驚きました。見られたい願望が強い今の時代に合わせているのでしょうか。【黒崎】結婚を目指して日々を過ごす学校というファンタジーな世界観の中にSNSツールを出すことで、リアリティーを狙いました。金の夫婦の卵(ゴールデンカップル)やマッチングシステムなど、難しい設定が多い漫画ではあるので、少しでもわかりやすくしたかったのもあります。

 今の若い世代は、自分たちの日常の出来事の写真や動画をSNS上にアップし、“リツイート”や“いいね!”数などの評価を気にしていることが多いと感じています。「あの子の方がリツイート多い…」と気になっちゃったりするのは、誰にでもよくあることなのではないでしょうか?“いいね”や“減点”を評価基準にしたら、成績だけを競い合わせるより、読者に身近に感じてもらえ、共感してもらえるんじゃないかと思ったんです。

 また、私は、夫と婚活パーティーで出会いました。学校生活や仕事をする中で、自然に出会って結婚する“恋愛結婚”も、もちろんすてきですが、婚活で運命的な人を見つける人も多いと思います。今は、マッチングアプリや婚活パーティーを活用して自分で出会いの場所に行き、相手を探すということが普通になってきているので、マッチングシステムについても、受け入れてもらえていると思って描いています。

――りぼん読者に人気があるという、主人公・初(うい)のパートナーの男の子・紺(こん)君についてお聞きします。彼は結婚よりもIT企業の社長の座、資産目当てで入学しました。公式でも“クズ男”として紹介しておりますが、大切なキャラ・初ちゃんの相手がこのような設定でいいのでしょうか…(笑)。

【黒崎】初のキャラクター設定はすぐに完成しました。ヒーローを考えるにあたり、そこから一番遠い存在、真逆な性格として誕生しました。「俺のモットーは、金とスペックは裏切らない」という嫌な奴要素を盛り込みすぎたため「やり過ぎたかな…」と思いましたが、読者からは「ずるいところが、かっこいい!」と評価をいただきました(笑)。初のような「結婚する夢」と紺のような「計算で恋を作っていく」ということは、現実の恋愛や結婚でもありますよね。好きの感情と将来の生活を考えたりする論理で悩んだり。

【担当】今はあざとい男子が人気みたいで。ティーン世代のトレンドに引っかかったのかも知れませんね(笑)。黒崎さんがおっしゃっているように、夢と計算というのは、結婚する際にリアルに悩むこと。私も結婚を決めるとき悩みました。(笑)。りぼんで連載している作品ではありますが、そういう深いことを考えられるので、結婚についてリアルに考えたことのある大人のみなさまにもオススメです!

――「結婚を前提とした恋愛」「入学時から機械で相性を選定されたカップル同士が寮生活」「卒業後は結婚」など斬新な設定が多い作品ですが、主人公・初に家族がいないことは意味があるのでしょうか? 事故で亡くしたことで家族愛を求める、結婚に憧れる設定は理解できるのですが。【黒崎】個人的なことになりますが、今作は、出産を経験したあとに描きました。実は、出産の4か月後に、大きな持病が発覚して、死を身近に感じざるを得ない状況になりまして…。「娘を生んだばかりなのに、私はどれくらい生きられるんだろう」とぐるぐる考えているうちに、「親が居なくなっても、思い出を糧に前向きに生きていく主人公を描きたい」と思うようになりました。

 持病が発覚する前は、登場人物の誰かが死んでしまう設定の漫画は描けませんでした。それは、自身がつらいのもありますが、読者に悲しみを与えたくないという思いからでした。でも、“死”を身近に感じたからこそ伝えたい思いも生まれてきて、「今の私なら、描ける」と思ったのが、この設定になったきっかけです。(※現在、持病は落ち着いており、普段通りの生活をしています)

【編集】黒崎さんから持病について伺っていたので、初の両親が亡くなっているという設定を見たとき、ご自身の経験を通して伝えたいことがあるんだろうなと思いました。「両親がいない」というのは、漫画において“よくある設定”で珍しいわけではありませんが、今作においては、作家さんが伝えたい思いのレベルが違うと思います。

――このお話を聞かなければ、単なる“あるある設定”の一部だと思いました。それでは、この作品で読者に伝えたいことは“結婚”の良さや憧れよりも先にある“家族愛”に?

【黒崎】第1話の中に、まだ小さかったころの初が「世界でいちばん初が好き?」と両親に聞くところがあって、それぞれ「ん〜、いちばんはパパかな〜」「パパもママかな〜」と答えるので、納得できない初が駄々をこねます。そんな初に両親が「初もいつかめぐり逢うんだよ。ママとパパよりも大事に想う、世界一好きな人」と伝えるシーンがあるのですが…。そういう場面を通して、家族愛も伝えていけたら良いなと思っています。

【編集】このシーンに関しては、読者からすごく反応がありました。「このセリフいいです!」というファンレターも届いていたので、作家さんが本気で伝えたいことは読者にも伝わるんだと感じました。私にも娘が2人いるのですが、各所に散りばめられた黒崎さんの想いに出会う度、ハッとさせられ、家族のことを考えたりします。

 親目線で読むこともできるので、お子さんのいるママやパパにも読んで欲しいです。もちろん、りぼん読者に支持される王道の恋愛漫画要素もたくさん入っていますし、結婚設定が大好きな人にもオススメです。りぼんで連載されている漫画だから子ども向けだろうと思わずに、いろんな方に幅広く読んでいただけたらうれしいです。

関連写真

  • 『りぼん』で連載中の人気作品『初×婚』コミックス第1巻 (C)黒崎みのり/集英社
  • 『りぼん』で連載中の人気作品『初×婚』コミックス第2巻 (C)黒崎みのり/集英社
  • 『りぼん』で連載中の人気作品『初×婚』扉絵ページ (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社
  • 『初×婚』第1話より (C)黒崎みのり/集英社

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索