【ベストアーティスト】欅坂46、1&2期生がパフォーマンス 小池美波、後輩の姿に発奮「もっと頑張らなくちゃ」

 アイドルグループ・欅坂46が27日、日本テレビ系で放送される音楽特番『ベストアーティスト2019』(後7:00〜10:54)に出演。地上波放送と平行して送るWEBコンテンツ(Twitter、ニコ動、Facebook、YouTube、Live Park)番組『裏配信★古坂大魔王の部屋』に登場後に、囲み取材に参加した。

 1期生の小池美波、2期生の松田里奈、井上梨名、田村保乃が出演。3年連続で『ベストアーティスト』出演となった小池は「3年も続けて『ベストアーティスト』さんに出演させていただけて本当にありがたい。カメラワークだったりをこだわっていただいて、私たちもより一層いいパフォーマンスを届けようと準備している」と笑顔で振り返った。

 松田は「出演させていただく前に緊張して、どうしようという気持ちだったんですけど、本番が始まる前まで振りを確認して、いいパフォーマンスができるように、みんなで持っていった」と初出演を振り返った。井上は「今まではテレビの前で観ていたので、自分がこの番組に出られるとは思っていなかったので、すごくうれしかった」と頬を緩ませた。田村は「ステージもキラキラした場所でうれしかった。『アンビバレント』と『風に吹かれても』のメドレーを欅坂で初めてした。細かいところから、もう1度、みんなで確認したので届いていればいいな」と口にした。

 『ベストアーティスト』初出演となった2期生を見ていた小池は「2期生のみんなが完成度高かった。1期生が2期生を見て『もっと頑張らなくちゃ』という気持ちになった」と突き上げを感じたそうで「一人ひとりが鏡と戦って練習している。うれしいです」と後輩の成長を喜んでいた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索