• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 鶴瓶、史上初のBS5局横断生特番でMC 『27時間』ポロリ事件Pと再タッグでニヤリ「キレイに映るで〜」

鶴瓶、史上初のBS5局横断生特番でMC 『27時間』ポロリ事件Pと再タッグでニヤリ「キレイに映るで〜」

 落語家・笑福亭鶴瓶と、TBSの安住紳一郎アナウンサーが16日、BS5局で生放送される番組『鶴瓶&安住の放送局漫遊記』の記者会見に参加。『27時間テレビ』(フジテレビ)で鶴瓶が“ポロリ事件”を起こした際のプロデューサーと再び生特番でタッグを組むことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は12月1日の午後1時からBS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSテレ東、BSフジの5社がBSデジタル20周年YEAR突入とBS4K放送開始1周年を記念し、BS5局を横断する前代未聞の8時間生放送の特別番組となる。鶴瓶と安住アナがタッグを組み、BS5局をバスで渡り歩いて進行。各局1時間半の生放送と30分のフィナーレを4局同時生放送し、BSテレ東ではフィナーレ2部を放送という異例の内容となっている。

 史上初のBS5局横断生特番のMCを務める鶴瓶は「僕は安住さんに着いていくだけ。何も考えない。安定感ありますから、どんなことしても、ちゃんとやってくれはる」と自由気ままにやることを宣言すると、安住アナも「僕は鶴瓶さんに着いていこうと思っていた。この後、しっかり話し合う」と笑わせた。

 また、鶴瓶と生特番といえば、2003年にフジテレビで放送された『27時間テレビ』で泥酔した結果、ポロリしてしまった“前科”を持つ。生放送の意気込みを問われると鶴瓶は「僕は『27時間』とかやりましたから。もう2度と出してもらえませんけど(笑)。8時間なんて小さいもんです」と自信たっぷりだった。

 そんな光景を横で見ていた安住アナは「鶴瓶さんと生放送は危険…」と苦笑いすると、鶴瓶は「俺が悪いわけじゃない。それやったのは、アノ人ですよ。アノ人がディレクターやってた」と同番組のプロデューサーを務める小松純也氏を指差して暴露。会場が爆笑に包まれると安住アナは「今回は、その様子を4Kでお届けしたい」と悪ノリ。鶴瓶は「キレイに映るで〜」とノリつつも「アホか!」とツッコんで笑わせた。

 危険なのが横断中に出演するBS-TBSの『吉田類の酒場放浪記』のパート。「これは楽しみ。実際に飲んでいいんでしょ。類さんもときどき酔うてはる」と鶴瓶がノリノリで話すと安住アナは「それが危ない。類さんは、ずっと酔っているけど、師匠は8時間のフィナーレがある」と自制を求めた。安住アナによると、吉田にも危険な部分があるそうで「危険要素が大」と不安を隠しきれなかった。

 ただ、最後に安住アナは「(ポロリ防止の)秘策はない。今回はBSで大人の視聴者が多い。鶴瓶さんの暴走を含めて。テレビ局の遊び心がつまらないなら、逆に私が脱がしちゃおうかなぐらいの気持ち」と危険な予告。鶴瓶から「なんでやねん!」とツッコまれていた。

 また、小松氏は現在、NHKの『チコちゃんに叱られる!』も担当している。幾度となく一緒に仕事しながらも、同番組に出演しなかったことを鶴瓶が悔やむと安住アナは「私も苦しんでいる。『ぴったんこカンカン』が『チコちゃん』の真裏。だから、ホントにね…」とボヤきが止まらなかった。

■各放送局のコラボ番組と放送時間
1.BSフジ『BSフジLIVE プライムニュース』
2.BSテレ東『徳光和夫の名曲にっぽん』
3.BS朝日『お笑い演芸館+』
4.BS日テレ『のとく番』
5.BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』
6.BSフジ、BS朝日、BS日テレ、BS-TBS『フィナーレ4局同時サイマル放送』
7.BSテレ東『フィナーレ第2部』

関連写真

  • 『鶴瓶&安住の放送局漫遊記』記者会見に参加した笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)笑福亭鶴瓶、安住紳一郎アナウンサー=『鶴瓶&安住の放送局漫遊記』記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京の角谷暁子アナウンサーにポロリ事件を解説する笑福亭鶴瓶(中央)と安住紳一郎アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)笑福亭鶴瓶、安住紳一郎アナウンサー=『鶴瓶&安住の放送局漫遊記』記者会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索