テイラー・スウィフト、7年ぶりファンイベントで“神対応” ファン歓喜の涙

 米シンガー・ソングライターのテイラー・スウィフトが6日、7年ぶりとなるファンイベントを開催した。同イベントには、7thアルバム『ラヴァー』(8月23日発売)の国内盤CD購入者とLINE MUSICユーザーを対象としたもので、1万2000通のなかから選ばれた600名が招待された。テイラーの来日は昨年11月の東京ドーム2days公演以来、1年ぶり通算10回目となった。

【写真】その他の写真を見る


 黒いラメのパンツスーツ姿で登場したテイラーは、「久しぶり〜盛り上がっている〜。日本に戻ってこれて最高!お元気ですか?東京、日本大好き!」と日本語であいさつ。インスタグラムでも来日後の様子を報告していたが、「新宿と渋谷にショッピングに行きました。ショッピングしすぎて猫カフェにはまだ行けていないけど、絶対に行くつもり。美術館にも行きたいし、ショッピングももっとしたい。東京ほどショッピング天国はないから」と楽しんでいるようだ。

 事前にファンより募集した質問に1つひとつ丁寧に答えるテイラー。ストレス解消法については、「残念ながらストレスが解消されるということはないけれど、ストレスを感じている時に、良いアイデアが浮かんだこともあった。深呼吸したり、人生のなかでは予想もつかないことが起きてしまうことを頭のなかで考えるようにしている」と独自の手法を明かした。

 また、アルバム『ラヴァー』での新たな取り組みについて、「制限せず表現したいと思ったし、似通っていないサウンドの楽曲を収録しました。とてもロマンティックな作品になったし、今までの作品のなかで一番好きなアルバム」と語った。

 このほか、愛猫について聞かれたテイラーは、「猫が3匹いると家が猫カフェ状態。末っ子のベンジャミンは、子犬のように私の後ろをついてくるの」と嬉しそうに語った。

 さらに、辛いことや悲しいことがあった時どのように乗り越えているのか聞かれると、「曲を書いたり、詩を書いたり、日記をつけたりしている。私の場合は、言葉が後から浮かんでくるの。友だちや母と話をしたり……皆それぞれ乗り越える方法があると思う」と回答した。

 最後の質問では、ファンをステージに上げ、テイラーからハグされた女性は緊張と嬉しさから大粒の涙をこぼした。そんなファンを気遣い、「写真を一緒に撮りましょう!」とファンの携帯で自撮りした。その後も興奮冷めやらぬテイラーは、「ずっと大好きよ〜皆にありがとうと伝えたい。最後に皆で一緒に写真を撮りましょう!」と記念撮影。この日は歌唱はなくトークのみだったが、つかの間のファンとの時間を楽しんだ。

 なお、テイラーは明日7日に日本テレビ系『スッキリ』に生出演する。

関連写真

  • 7年ぶりファンイベントを行ったテイラー・スウィフト(写真/Kayoko Yamamoto)
  • テイラー・スウィフトがファンににハグを(写真/Kayoko Yamamoto)
  • ファンに手をふるテイラー・スウィフト(写真/Kayoko Yamamoto)
  • テイラー・スウィフト(写真/Kayoko Yamamoto)
  • ファンと記念撮影したテイラー・スウィフト(写真/Kayoko Yamamoto)
  • ファンをバックに記念撮影するテイラー・スウィフト(写真/Kayoko Yamamoto)
  • テイラー・スウィフト(写真/Kayoko Yamamoto)
  • テイラー・スウィフトにハグされ嬉しさのあまり涙するファン(写真/Kayoko Yamamoto)

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索