• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 相葉雅紀、デビュー20周年への思い「新しいことに挑戦して駆け抜けたい!」

相葉雅紀、デビュー20周年への思い「新しいことに挑戦して駆け抜けたい!」

 人気アイドルグループ・相葉雅紀が出演するテレビ朝日系バラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)。きょう3日は、1999年11月3日に嵐がCDデビューしてからちょうど20周年という記念すべき日。番組でもレギュラー出演する渡部建澤部佑から祝福を受け、相葉は「みなさんのおかげで20年ものあいだ活動を続けることができました。ありがとうございます」と相葉は感謝の気持ちを述べつつ、「どうすれば自分の感謝をみなさんに伝えられるかを考え、これから、新しいことにも挑戦しながら駆け抜けたい」と嵐の活動について現在の心境を告白する。

 3日の放送回で相葉が“マナブ”のは、相葉が「絶対にやろう!」と以前から意気込みを見せていた、キャンプ。初心者である相葉、渡部、澤部の3人が、テント張り、まき割りからの火起こし、ほったらかしBBQなど、本格キャンプに初めて挑戦する「マナブ!キャンプ」が実現する。

 キャンプの必需品といえばやはりテント。渡部と澤部は手間のかかる設営に不安を覚えている様子…。そんな2人のために相葉は、「すごく便利な物がある」と、簡単に組み立てられるおススメのテントを紹介。“あること”をするだけで簡単に組み立てられる、その画期的なテントとは…!?  また火起こしでは、力の弱い人でも簡単にまきを割れる道具や、最新の着火装置などの便利グッズを試しながら、着々と準備を進める。

 火が起きたところでいよいよお楽しみの料理。『相葉マナブ』の本領発揮だ。2017年9月24日放送の「マナブBBQ〜秋の房総編〜」でお届けした“ほったらかしBBQ”が、今回、久々の登場。豪快にキャベツを丸ごと使った料理や、びっくりするほど簡単にできるローストビーフなど、手間なく、しかもおいしく食べられるキャンプ料理の数々を、3人がいつもの愉快なトークを交えながら作って試食する。

 キャンプといえば、もちろんたき火も欠かせない。番組のラストには、夜の帳が下りるなか3人がたき火を囲みながら、放送開始から6年半が経つ『相葉マナブ』について語る場面も。そして相葉は、「お世話になっている千葉に、番組としても恩返しをしていきたい」と話す。自身の出身地であり、番組でもたびたび訪れている千葉県が、今年9月から10月にかけて多くの自然災害に見舞われたことを念頭に置き、「千葉のためにお手伝いというか、何かできることを見つけてやっていけたら」と、熱い思いを語る。

 相葉のその言葉に渡部と澤部もうなずきながら、同じ気持ちでいることを確かめあう3人。そして、CDデビュー20周年を迎え、「どうすれば自分の感謝をみなさんに伝えられるかを考え、これから、新しいことにも挑戦しながら駆け抜けたい」と語った相葉。『相葉マナブ』では、いったいどんなチャレンジを見せてくれるのか。ラストのたき火トークまで、お見逃しなく。

オリコントピックス

 を検索