• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ボイメン、初の渋谷109前イベント 通行人の“スルー”に自虐コメントで沸かす

ボイメン、初の渋谷109前イベント 通行人の“スルー”に自虐コメントで沸かす

 東海エリアを拠点に活動するエンターテインメント集団、“ボイメン”こと、BOYS AND MEN平松賢人田村侑久本田剛文が8日、都内でフジパン『9月15日はスナックサンドの日』記念イベントに登壇。SHIBUYA109前での初のイベントを行った。

【写真】その他の写真を見る


 この日はあいにく大雨に見舞われ、イベントに足を止めず素通りする通行人も多め…。田村は「大体の方がスルーですね」と自虐ネタも入れ、笑いを誘った。また、田村は「『1000人くらいは集まっちゃうから』と警備員さんに言ってたんですけどね。ボイメンの知名度はまだまだってことですね」と東京での人気拡大に奮起。本田も「女子が集まっちゃったらどうしようと思っていたんですけど。いらぬ心配でした」と笑いに変えていた。

 イベントでは2020年春頃に発売予定のスナックサンドとボイメンのコラボ商品の案を3人が発表。本田が、伊勢名物・赤福のようなあんこを使用した「なめらかこしあん」、田村が「八丁味噌カレー」、平松が「ひつまぶし風チキン」を提案。商品担当者が、「八丁味噌カレー」の案を採用と発表すると、田村は大喜び。「名古屋の思いと、僕たちの名前も売れたらいいな」と自分たちのアピールをすることも忘れなかった。

 4日に東京ドームシティホールで幕開けした全国ツアーにも話題が及び、「非常に盛り上がって。新喜劇も取り入れているんですけど、それなりに受けまして、満足度が高いライブだったと声が届いています」と東京のファンの声にも手応えを感じている様子。さらにイベント後には、3人がサンプリングの配布にも参加し、多くのファンが列を作っていた。

 フジパンは、代表商品のひとつ・スナックサンドを初めて発売した9月15日を「スナックサンドの日」と制定。今年は、記念日の感謝として、スナックサンドの無料配布を実施。名古屋に本社を置くことから、東海地方で活動するボイメンを招き、同イベントとの開催とコラボ商品の開発を行っていく。

関連写真

  • BOYS AND MEN(左から)本田剛文、田村侑久、平松賢人 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身考案の味が採用され、笑顔のBOYS AND MEN・田村侑久 (C)ORICON NewS inc.
  • BOYS AND MEN(左から)本田剛文、田村侑久、平松賢人=フジパン『9月15日はスナックサンドの日』記念イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索