• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 日向坂46加藤史帆“お風呂カット”撮影のハプニング告白「バスタオルが…」

日向坂46加藤史帆“お風呂カット”撮影のハプニング告白「バスタオルが…」

 人気アイドルグループ・日向坂46加藤史帆(21)が、この日に公開されたグループ写真集『立ち漕ぎ』収録の“お風呂カット”の撮影時に発生したハプニングを告白した。

 写真集公式ツイッター【@hinata_group1st】が15日に公開した動画に加藤と齊藤京子(21)が登場。齊藤がこのカットについて「4泊5日の沖縄で、1、2位を争う楽しかった思い出」と紹介すると、加藤は撮影中に「ハプニングがめちゃくちゃあったんですけど…」と切り出し、「入浴中にバスタオルが取れてしまって」と明かした。

 齊藤が「入浴剤で(お湯が)白くなってたから見えなかったけど、あんなことやこんなことも…。2人だけのヒミツ」といたずらっぽく笑うと、加藤も笑顔を見せながら「あんまり言えないですけど、楽しみにしていてください」と呼びかけた。

 2人の仲の良さと写真集への期待を感じさせる動画に「なぜ入浴剤が白なんだ…」「あんなことやこんなこと?ドキドキ」「めちゃくちゃニヤけてしまった!」「刺激が強すぎます」など反響が寄せられている。

 このカットは、女性ファッション誌『CanCam』モデルの加藤と『ar』モデルの齊藤が、「やんばる」と呼ばれる豊かな森の自然が残る沖縄県北部にて、木々に囲まれた半露天風呂での撮影にチャレンジ。セクシーさだけではない、修学旅行のワイワイした雰囲気も感じられる楽しいシーンも満載の本作を象徴するカットとなっている。

 本作は坂道シリーズの元気印といわれる彼女たちが、全力で青春した4泊5日の沖縄旅行を撮り下ろし。修学旅行感あふれる“ハッピーオーラ”に包まれた写真はもちろん、沖縄の青空の下でのプール撮影や、初のランジェリー撮影にも挑戦するなど、彼女たちが持つ“グループとしての力”が176ページの大ボリュームに存分に発揮された。

オリコントピックス