• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 浜中文一、ドS役熱演も中山優馬が“ギャップ”暴露

浜中文一、ドS役熱演も中山優馬が“ギャップ”暴露

 俳優の浜中文一が14日放送のカンテレ・バラエティー『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』(毎週水曜 深1:25※関西ローカル)に3年ぶりにゲストとして登場。今年11、12月の再演が決定したミュージカル『50Shades! 〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜』で主演を務める浜中が演じるのは“若く有能だが心から人を愛せないサディストの青年実業家”。初演時に観劇したという後輩・中山優馬から作中とのギャップが大きすぎる、と普段の浜中の様子が暴露される。

 ピーコ、兵動大樹、桜 稲垣早希、中山、川島壮雄カンテレアナウンサーらが、注目のエンターテインメントや舞台、コンサート、展覧会などの最新情報をスタジオトークとともに紹介する同番組。

 浜中が主演するのは大ベストセラー官能小説『50シェイズ・オブ・グレイ』をパロディー化して作られたエロティックコメディミュージカル。事務所の後輩でもあり、プライベートでは浜中を“兄的存在”のように慕う中山は「衝撃的なワードが多すぎて…(笑)。文一くんの登場のところとか、『うわぁー変な人出てきた!』と思うような演出が素晴らしいんですよね(笑)」と初演時に感想で大盛り上がりとなる。

 再演となる2019年バージョンでは、浜中以外全キャストが一新。浜中演じるグレイにより未知なる世界に足を踏み入れるという役どころのヒロインについて、浜中は「本当に俺、決まらんのちゃうかなと思ったんですよ」というほど難航したそうで、そんなヒロインを務めた水崎綾女からは、VTRを通して浜中への質問が投げかけられる。それを見た浜中らしい第一声に、「バカみたい!(笑)」と倒れ込むピーコ…。一体何があった?ほかにも舞台『カリギュラ』の主演・菅田将暉へのインタビューなどを送る。

オリコントピックス