• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 芦田愛菜、小説執筆挑戦も“起承転結”うまく行かず断念 幻の一冊は冒険物で「全然、面白くない」

芦田愛菜、小説執筆挑戦も“起承転結”うまく行かず断念 幻の一冊は冒険物で「全然、面白くない」

 女優の芦田愛菜(15)が自身初の単行本『まなの本棚』を刊行し、このほど発売記念会見に出席。年間100冊以上読破し自ら「活字中毒」であると明かした芦田だったが、自身で小説の物語を作るのは苦手だと話した。

【写真】その他の写真を見る


 カラテカの矢部太郎、ピースの又吉直樹など芸能界の読者好きが執筆活動で評価を受けていることを受け、記者から「自ら小説を書きたい思いはあるのか?」と聞かれると「何回か書こうと思ったことはあるのですが、どうしても起承転結の“転”が思いつかず起承“承”結になってしまう」と告白。

 「『これをしました、あーなりました、終わり』みたいな感じになってしまい、全然、面白くなくて…」と自虐し「登場人物を考えることに夢中になってしまい、裏設定や細かい設定を考えることが楽しくなってしまう。なので『作家さんはすごいな〜』と尊敬しながら本を読んでいます」と伝えた。

 その執筆した小説の内容を聞いてみると「あの〜、『おにぎりくん』というキャラクターが出てくる冒険物のはずだったのですが、全然、冒険物にならなかった」と赤面し「『アンパンマン』のような、おにぎりが付いたキャラクターで、トマトちゃんやナスビちゃんとかも居ました」と笑いながら“起承転結”の“転”が思いついたら書籍化に向けて執筆を再開すると宣言した。

 今回の取材会は芦田自身初の単行本が発売されることを記念して開催したもの。年間100冊以上読む芦田が、誰にも見せたことのない本棚から約100冊を取り上げ、読書術やお気に入りの本を伝えている。

 3〜4歳くらいから両親からの読み聞かせも含めて本と触れ合ってきたという。小学生のころは約200冊近く読んだこともあったそうで「小学生の低学年の時は児童書や絵本も読んでいて、それも含めるとトータルは1000冊以上は今までで読んでいると思います」と告白。

 「小さいころから両親が図書館から借りて来て、本は身近な存在でした。『なぜ、本を好きになったか』というのを覚えていないです。本を読むことは歯磨きや入浴することと同じくらい当たり前な日常なのです」とうれしそうに話した。

関連写真

  • 自身初の単行本『まなの本棚』の発売記念会見に出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身初の単行本『まなの本棚』の発売記念会見に出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身初の単行本『まなの本棚』の発売記念会見に出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身初の単行本『まなの本棚』の発売記念会見に出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身初の単行本『まなの本棚』の発売記念会見に出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索