菅田将暉、初監督作品上映に感慨「あの曲がまさかこんなことになるとは」

 俳優で歌手の菅田将暉が10日、この日リリースされた2ndアルバム『LOVE』の発売を記念し、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで「菅田将暉『LOVE』発売記念イベント Short Film『クローバー』トーク&特別上映会」を開催した。

【写真】その他の写真を見る


 自身初監督作品となる今作は、公私ともに親交の深い石崎ひゅーい作詞作曲のアルバム収録曲『クローバー』から着想を得て制作され、親友で俳優の仲野太賀が主演。構想から約半年をかけて完成させた47分にも及ぶオリジナルストーリーとなっている。先に行われた上映会では、菅田、石崎、監督補佐の山田健人氏が観客と一緒に鑑賞していたことが明かされ、客席で3人が立ち上がると、大きな歓声があがった。

 続いて行われたトークセッションで菅田は「クローバー」の映像化について、「僕もなんでこんなことになったんだろうって思うんです。ひゅーいくんがあの時書いてくれた『クローバー』という曲で、あいさつをすることになるとは(笑)。今日は来てくださってありがとうございます」とあいさつ。石崎も「菅田くんに一番最初に聴いてもらったのがこの『クローバー』という楽曲なんです。まさかあの渋谷のスタジオでやってたことが、こんなことになるとは。僕も不思議な気持ちでいっぱいです」と共感した。

 菅田から「補足しておくと(あいみょんとのコラボ曲)『キスだけで』のMVを撮ってる監督です」と紹介された山田氏は、「ボリュームありましたね(笑)。最初5分くらいの動画にしようという話があったなかで、すごいボリュームになったなと」感想を話すと、菅田も「5分の映像撮るって言って、できあがったら50分だったらクビですよ」と笑った。

 菅田自身は、アルバムの“フラゲ日”のきのう、CDショップに行ったことを明かし、「(アルバムを)フライングゲットしてきました。渋谷のタワレコで。ひゅーいくんを筆頭にプライベートでお付き合いからの発展というか、『出会い』でこのアルバムができたりしたので、ちゃんと発売される瞬間を見たいなと思って。実際見られて良かったですし、実際に手に取ってくれたお客さんとかポップを書いてくれたスタッフの方とか、ちゃんと自分で見るということが大事というか、ぬくもりを感じられて、曲を聴いてくれた人の反応も見られてすごいありがたいなと思いました」としみじみ語った。

 アルバムの制作については「予想外なこともいっぱいあったんです。ただ、僕らの日常は、こういう(ショートフィルムのような)日々なんですよ。地味で小汚くて、特に事件も起こらないし。でも何かちょっとした人との出会いとか気づきとかで、ちょっとしたやる気が出たり。そんなことをやりたかったです。そういう俺らの日常を忘れたくないから(こういう映像を)残したんです。もともと映像を撮りたいねって話していたのもあって。それがこうしてエンターテインメントとして人様にお見せして、1人でもいいからその人のちょっとした何かに変わればいいなって思います」と説明。

 石崎は「そんな日常ですね。いつも曲作ってる感じは、あんな(映像のような)感じだもんね。一緒に活動してて思うんですけど、菅田くんってホントに普通のなんでもない日常を、宝物みたいな日常にする天才だと思うんです」と絶賛した。

 トークセッションの最後には、菅田、石崎が2本のアコースティックギターで「クローバー」を熱唱。一番前で“ライブ”を観た山田氏は「感無量。すごいものを見たなと思いました。(主演の仲野)太賀の顔が浮かんできた」という感想に菅田、石崎も大きくうなずき、客席から大きな拍手が送られた。

 最後に菅田は「今日はすごくレアな日と言いますか、スペシャルな日に来てくださってありがとうございました。一つ大事な思い出ができましたし、それを観てもらえてすごくうれしいです。そしてひゅーいくん作ってくれた『クローバー』のとおり、いろんな日々の活動が誰かの愛に変わりますようにという思いで作りました。そうなってくれるとうれしいです。今日はありがとうございました」とあいさつすると、観客と共に記念撮影して締めくくった。

関連写真

  • 初監督ショートフィルム『クローバー』トーク&上映会に登壇した菅田将暉(C)oricon ME inc.
  • 菅田将暉初監督ショートフィルム『クローバー』トーク&上映会に登壇した(左から)山田健人氏、菅田将暉、石崎ひゅーい (C)oricon ME inc.
  • 「クローバー」を熱唱する菅田将暉 撮影/上飯坂一
  • 観客と共に客席で作品を鑑賞した(左から)石崎ひゅーい、菅田将暉、山田健人氏  撮影/上飯坂一
  • ショートフィルム『クローバー』トーク&上映会に登壇した(左から)山田健人氏、菅田将暉、石崎ひゅーい  撮影/上飯坂一
  • 「クローバー」を弾き語りで披露した(左から)菅田将暉、石崎ひゅーい 撮影/上飯坂一

オリコントピックス

メニューを閉じる