• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 向井理、主演舞台の意気込み語る「心を整えて迎えられれば」

向井理、主演舞台の意気込み語る「心を整えて迎えられれば」

 俳優の向井理、女優の田中麗奈らが10日、東京・Bunkamuraシアターコクーンで行われた舞台『美しく青く』(11日〜28日上演)の公開ゲネプロに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 赤堀雅秋氏が作・演出を手がける同作は、シアターコクーン30周年記念公演として上演。震災を背景に、人間の不毛な営みの愚直さと愛おしさを描く。猿害に悩まされる集落を舞台に、その対応に追われる自警団のリーダー・青木保を向井、妻・直子を田中が演じる。

 大勢の報道陣を前に「数は多くないですけど、今まで舞台をやらせていただいて、ゲネプロの前というのは、ちょっと胃が持ち上がってくるくらい独特な緊張感がある」と本音を漏らした向井。あすの本番に向けては「自分がコントロールできないぐらいにならないように、心を整えてあすを迎えられればと思います」と言葉に力を込めた。

 田中も「あしたが初日で信じられないような気持ちなんですけど、早くやりたいという気持ちもある。まだまだ自分の中で課題がたくさんあるので、そこを意識しながら。でも、やっぱり皆さんに楽しんでいただく、伝えていくということがとても大切だと思うので、無心でやれたらいいなと思います」と意気込んでいた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 主演舞台の意気込みを語った向井理 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『美しく青く』の公開ゲネプロに参加した(左から)赤堀雅秋、向井理、田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『美しく青く』の公開ゲネプロに参加した田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『美しく青く』の公開ゲネプロに参加した赤堀雅秋 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス