• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • CM
  • 【上半期CM出演ランキング】男性1位は嵐・相葉雅紀&サンド 女性1位は渡辺直美

【上半期CM出演ランキング】男性1位は嵐・相葉雅紀&サンド 女性1位は渡辺直美

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは1日、『2019上半期タレントCM起用者数ランキング』を発表。男性部門は人気グループ・相葉雅紀とお笑いコンビのサンドウィッチマン(9社)、女性部門はお笑いタレントの渡辺直美(13社)が1位に輝いた。

 男性部門では2015・16年と連続で年間王者に輝き、前年同期でも2位と本ランキング上位常連の相葉が、定位置ともいえる1位を獲得。これに並んだのが、「好きなお笑い芸人ランキング」でもトップとなる人気コンビのサンドウィッチマン。前年の年間ランキング4位からの躍進で、初の年間王者の可能性も見えてきた。

 男性の2位(8社)は、嵐の櫻井翔二宮和也、俳優の竹内涼真、そして前年の年間王者・出川哲朗の4人がランクイン。3位(7社)は嵐の松本潤、「新しい地図」の香取慎吾草なぎ剛三代目 J SOUL BROTHERS岩田剛典、俳優の賀来賢人斎藤工田中圭新田真剣佑、サッカー日本代表の長友佑都選手など、多彩な顔ぶれの人気者が並んでいる。

 女性部門では、インスタグラムのフォロワー数で日本一を誇る渡辺が、食品・飲料、美容、保険、自動車と幅広いジャンルの企業から起用され、初の同期女王の座を獲得。今月から放送されたかつての人気番組『ピカルの定理』で演じたキャラクター・白鳥美麗で登場するNTTドコモのCMも話題となるなど、年間女王も視野に入れている。

 その渡辺と1社差の2位に女優の広瀬すず(12社)、さらに1社差の3位で有村架純(11社)と新旧朝ドラヒロインが続けてランクイン。さらに1社差の4位に女優の綾瀬はるか清野菜名乃木坂46齋藤飛鳥、さらに昨年の年間女王の乃木坂46・白石麻衣が続いており、今年の年間女王を目指す激しいレースが繰り広げられていきそうだ。

■2019上半期タレントCM起用社数ランキング(同順位は50音順)
◇男性部門
1位 9社 相葉雅紀(嵐)、サンドウィッチマン
2位 8社 櫻井翔(嵐)、竹内涼真、出川哲朗、二宮和也(嵐)
3位 7社 新田真剣佑、岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS)、遠藤憲一香川照之、香取慎吾、神木隆之介、草なぎ剛、斎藤工、鈴木亮平DAIGO、田中圭、長友佑都、西島秀俊濱田岳松岡修造松重豊、松本潤(嵐)

◇女性部門
1位 13社 渡辺直美
2位 12社 広瀬すず
3位 11社 有村架純
4位 10社 綾瀬はるか、齋藤飛鳥(乃木坂46)、白石麻衣(乃木坂46)、清野菜名
5位 9社 川栄李奈土屋太鳳松岡茉優吉田羊
6位 8社 芦田愛菜桐谷美玲高畑充希中村アン浜辺美波深田恭子吉岡里帆ローラ
7位 7社 新垣結衣上戸彩北川景子木村文乃中条あやみマツコ・デラックス

【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2019年1月1日〜6月25日
対象局:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区オンエア分)
・番組宣伝、本人出演の番組コラボCM、本人出演のCD/DVD/ゲーム・楽曲配信・映画CM、楽曲ビデオ内出演、ナレーションのみでの出演等は除く
・起用社数の集計は、各タレントの「契約期間」ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント
・男女の分類については、実際の性別問わずキャラクターとしての男性枠、女性枠でカウント
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/2019/07/01/1436)


オリコントピックス

 を検索