乃木坂46、重圧と不安の涙を乗り越え上半期売上1位 相次ぐ卒業も「次世代の台頭で心配ない」

『オリコン上半期ランキング 2019』の「アーティスト別セールス」部門が20日に発表され、乃木坂46が2年連続通算2度目のトータル1位に輝いた。シングル表題曲の単独センターを務める齋藤飛鳥の葛藤、結成当初からキャプテンとして乃木坂46をけん引してきた桜井玲香のメンバーへの想い。初主演映画を経験した堀未央奈の成長、『MAQUIA』モデル抜擢でコンプレックスを克服した与田祐希。そんな4人が、メンバーの卒業が続き、グループの変動も大きい2019年上半期を振り返り、率直な気持ちを語った。

◆メンバーの卒業...

この記事の画像

  • 上半期「アーティスト別セールス」部門で2年連続1位を獲得した乃木坂46(写真/草刈雅之)
  • 上半期アルバムでも1位を獲得した乃木坂46(写真/草刈雅之)
  • 乃木坂46
  • 乃木坂46「Sing Out!」
  • 上半期アルバム1位を獲得した乃木坂46『今が思い出になるまで』

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年7月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年7月15日号

<COVER STORY>
VERBAL(アーティスト)
海外アーティストとのコラボは、
本人と直でつながっていることが大切

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍 月間マーケットレポート6月度
アルバムヒットが貢献 オーディオ前年同月比138.3%

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる