【オリコン上半期】星野源、自身初のデジタルアルバム1位「目標が達成できた」

星野源のアルバム『POP VIRUS』が6.9万DLを記録し、『オリコン上半期ランキング 2019』の「作品別売上数部門 デジタルアルバムランキング」で1位を獲得。デジタルシングル(単曲)とデジタルアルバム通じ、自身初の上半期デジタルランキングで1位となった。星野は「『POP VIRUS』がたくさんの人の元に届き、心から嬉しいです。このアルバムでやりたかったことは、普通ではなくアナーキーな自分の音楽を、あくまで普通にポップスとして響かせることでした。このような結果が出たことで、その目標が達成できたように思います。聴いてくれて、踊ってくれた貴方、本当にありがとう」とコメントした。

本作は、前作『YELLOW DANCER』から3年ぶりに発売された通算5作目のオリジナルアルバム。「恋」...

この記事の画像

  • 自身初の上半期デジタルアルバム1位を獲得した星野源
  • 星野源『POP VIRUS』

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年7月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年7月15日号

<COVER STORY>
VERBAL(アーティスト)
海外アーティストとのコラボは、
本人と直でつながっていることが大切

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍 月間マーケットレポート6月度
アルバムヒットが貢献 オーディオ前年同月比138.3%

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる