アニメ&ゲーム カテゴリ

石川界人&瀬戸麻沙美&水瀬いのり『青春ブタ野郎』的な思春期 各自の“症候群”とは

 15日より公開中のテレビアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』。テレビアニメでは主人公・咲太とヒロインで咲太の彼女である麻衣を中心にストーリーが展開されていたが、劇場版は咲太の初恋相手である翔子がメインとして描かれる。さまざまな“思春期症候群”を取り扱った同作で、咲太役の石川界人、麻衣役の瀬戸麻沙美、翔子役の水瀬いのりに作品の魅力や自身の“思春期”エピソードなどを聞いてみた。

【写真】その他の写真を見る


――昨年10月にテレビアニメが放送された『青ブタ』。劇場版の台本や映像を見た時の感想はいかがでしたか。

【石川】 翔子さんはTVアニメ版だと登場が少ないのですが、強い印象を残していくキャラクターでした。劇場版はカットされている部分も見ることができて、原作と比べて「あ〜、そういう繋げ方をするのか」と映像を見たときは一ファンとして感動しました。

【瀬戸】 TVアニメ版より台本が3倍の厚みでしたので、劇場版として重厚なストーリーが描かれるワクワク感がありましたね。印象的だったのは咲太の家での最初のシーンで、食事の準備をしていたら翔子さんが突然訪れるのですが、包丁を持ったまま表情を変えない麻衣さんが描かれていて修羅場になるなと(笑)これから始まるシリアスなストーリーの前のコミカルな展開が面白かったです。

【水瀬】 TVアニメ版では登場が少ない翔子をメインにした劇場版ということで、正直プレッシャーはありました。台本を見て「わ〜、すごいしゃべっている…」と感じたので、一度閉じました(笑)「やったー! たくさんしゃべれる!」と言うよりも「頑張ろう!」という気持ちの方が強かったです。原作ファンの方にとって翔子は大事に描くべき存在だと知っていたので、翔子さんが活躍すればするほど「自分はどうしようと…」という気持ちでいっぱいでした。

――それぞれのキャラクターで印象的なせりふを残していると思います。言動や行動に対して、共感や憧れる部分はありましたか。

【石川】 僕は自己犠牲の精神がすごい好き。他者のために自分を犠牲にすることは、相手からしたら悲しみもあると思いますが、他人のために優しくあろうとする咲太の核の部分は憧れます。僕が理想とする優しさの見せ方を持っているキャラクター。共感より憧れが強いのですが、ただ、劇場版はそれだけでは解決しないこともあり、そこと葛藤する姿が描かれていて人間臭いところを見られて共感する部分はありました。

 アニメ版の最初の方に友人から「『ありがとう』『ごめん』を言えるのが咲太の良いところだ」と言われるのですが、僕もすぐに言うようにしています。ただ、咲太のように助けてほしい時に「助けてくれ」と言えない。そこまでの信頼関係を築くのも大変ですし、相手を信じ抜くことってすごいことだと思います。

【瀬戸】 咲太と麻衣さんの関係性がすてき。今回の劇場版は特にお互いのことを想っての行動をする。ただ、どちらの選択をしても相手を苦しめてしまうわけで…。麻衣さんの場合、葛藤しながらも咲太に気持ちを伝えるのはカッコいいと思いましたし、咲太も同じくらいの気持ちを持っているはず。ここまでの気持ちをお互い持てるのは憧れますよね。

【水瀬】 翔子さんは咲太君に対して本筋のことを冗談を交えながらサラッと言う。私の場合は真剣な話をする時は真剣な顔つきに、ふざける時はとことんふざけるのですが、彼女のような切り替えに驚く瞬間があります。先程までからかっていたのに急に寄り添ったりと、不快感のない距離感の詰め方が憧れますね。共感する部分としては、泣いたり怒ったりと暗い表情をあまり見せないところでしょうか。人に弱さを見せないところは、私も弱いところを見られるのが好きではないので(笑)人前で常に「平気、平気」と装ってしまいます。

――多くのアニメ作品に出演している3人ですが、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』というタイトルのインパクトは感じましたか。色々と情報量が多くて、「どんな話だろう?」と考えてしまいそうですが。【石川】 「ファンキーなタイトルがきたな〜」とは思いました(笑)ただ中身を読むと物理現象を取り扱ったり、タイトルからは想像できない面白さがあり、良い意味で裏切られました。アニメファンの中にはタイトルで「う〜ん」と判断する方も居るとは思いますが、それはもったいない! ぜひ観ていただきたいです!

【瀬戸】 私自身、タイトルが長い作品にメインキャラクターとして出演する機会が多くはなかったので、「今まで経験していないことができるかも」と思っていました。感じたのは恋愛模様が描かれた作品が世に多数ある中で、咲太と麻衣さんの様にお付き合いをして展開される作品は珍しいなと。演者として貴重な体験ができてやりがいがありました。

【水瀬】 タイトルのインパクトはすごく感じました。マネージャーさんやスタッフの方々と「ブタ野郎の件について…」と会話をしたり、電車の中でもメールで「来週のブタ野郎の件なんですけど」と連絡が届いたりして、「お、おう」と日常生活においてなかなかハードでした(笑)耳馴染みしていない言葉ですし、馴じんでいたとしても言わない言葉ですので。でも作品を見ると現代の思春期を取り扱った話で、タイトルからは想像できなかったため石川さんと同じく良い意味で裏切られました。

――“思春期症候群”がテーマの作品ですが、青春時代に“こじらせていた”ことは。

【水瀬】 中学生くらいまではピンクの服を着るのがすごく嫌で、男の子っぽく見られたい時期があったため、女の子らしい色を選ぶのが嫌でしたね。足を見せるのも抵抗があって、ミニスカートなどは履きませんでした。スニーカーも女の子が履くような白とか水色ではなく、ネイビーに白の線が入った「瞬足」を履いていました(笑)。少年っぽい子ども時代で、今思えばかわいい服をたくさん着れば良かったと思います。そういう意味では翔子さんのような可憐な姿がうらやましいです(照れ)。

【瀬戸】 私も今の話にすごく共感しました。中学生になると制服なので女子は絶対スカートを履かないといけないのですが、それがすごく嫌でしたね。その辺りから、かわいい物が好きなのに、それを「かわいい!」とすなおに言うのが恥ずかしくなり、かわいい振る舞いをするのができなかった。かわいい服を着たいと思っても「私なんかが着たら…」と思ったり。

【瀬戸&水瀬】 私たちは“かわいいが恥ずかしい症候群”です(笑)

【石川】 …僕もそうです!「かわいい服が着れない〜」的な(笑)水瀬さんの話を聞いて思い出したのですが、「瞬足」は小学校の時に通学や遊ぶ時にずっと履いていたので懐かしいです。小さいころから気に入った物をずっと使い続けることをしてきたので、ボロボロになっても持っていたりしていました。その中で「瞬足」がボロボロになった時、母親が新しい別のメーカーの靴を用意したのですが、その時に僕は怒ってしまって「なんで俺の瞬足を捨てたんだよ! あの靴が良かったんだよ」とひどいことを言ってしまい…。ひとつのことへの執着、こじらせてしまったことでした。

【瀬戸&水瀬】 「ブタ野郎」じゃなくて「クズ野郎」だね(笑)

【石川】 誰がうまいことを言えと(笑)

関連写真

  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』に出演する(左から)瀬戸麻沙美、石川界人、水瀬いのり (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の場面カット (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject
  • 劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の第3弾ビジュアル (C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject

オリコントピックス