アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 稲垣吾郎、公開で“生音声ガイド”に緊張「いいところを使ってください」

稲垣吾郎、公開で“生音声ガイド”に緊張「いいところを使ってください」

 俳優の稲垣吾郎が14日、東京都美術館で行われた『クリムト展 ウィーンと日本1900』取材会に出席。同展のスペシャルサポーターである稲垣は、初めて音声ガイドも務めているが、この日は公開で生音声ガイドに挑戦した。

【写真】その他の写真を見る


 大勢の報道陣を前に「なんでしょうね、この緊張感は」と話しながら、やわらかな語り口で朗読を披露。「どんな風に使われるのかなと思いながらやっていました(笑)。ちょっと緊張しましたね。不思議な感じでしたね。朗読やこういった作業はすごく好きですし、入っていきますよね。後半はちょっと使いどころかなと。表情もいいところを使ってください」と笑顔でアピールした。

 音声ガイドを担当する上で大切にしていたことについては「ナレーションもそうですけど、聴く人間のことを想像していました。美術館なので、この場所をイメージしながら、出しゃばったまねはしたくないという思いはありましたね。美術鑑賞の邪魔をしてはいけない」と力説。「クリムトの作品は刺激的なものもあるけど、音声ガイドの方はソフトにいきたいなと思っていました」と明かした。

 7月10日まで行われる同展では、19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトの没後100年を記念して開催。初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、日本では過去最多となる油彩画25点以上を紹介する。

関連写真

  • 『クリムト展 ウィーンと日本1900』取材会に出席した稲垣吾郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『クリムト展 ウィーンと日本1900』取材会に出席した稲垣吾郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『クリムト展 ウィーンと日本1900』取材会に出席した稲垣吾郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『クリムト展 ウィーンと日本1900』取材会に出席した稲垣吾郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『クリムト展 ウィーンと日本1900』取材会に出席した稲垣吾郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス