アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 『NARUTO』岸本斉史氏の新連載、4年半ぶりジャンプで連載 侍SF活劇で「前作を超えるのに必死」

『NARUTO』岸本斉史氏の新連載、4年半ぶりジャンプで連載 侍SF活劇で「前作を超えるのに必死」

 人気漫画『NARUTO -ナルト-』の作者・岸本斉史氏が原作を務める新連載『サムライ8(エイト) 八丸伝』が、13日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)24号からスタートした。岸本氏にとって『NARUTO』完結以来初、約4年半ぶりの連載となり、同誌にとって令和初の新連載。作画を岸本氏の強い推薦で『NARUTO』のアシスタントを長く務めた大久保彰氏が担当し、表紙と巻頭カラーで“侍×SF”の物語が72ページのボリュームで掲載されている。

【写真】その他の写真を見る


■“和とSF”の融合は「リベンジの想い」 愛称は「“サムハチ”でお願いします!!」

 同作は、昨年12月23日に千葉・幕張メッセで開催された『ジャンプフェスタ2019』のイベントで発表されたもの。岸本氏にとっては、15年に『NARUTO』の外伝を短期集中連載していたが、それを除くと、14年11月の『NARUTO』完結以来初、約4年半ぶりの連載となり、今回の連載スタートに「前作の『NARUTO -ナルト-』を超えるのに必死なんです!!(笑)週刊連載を4年間も休んでいると、感覚が素人同然なんです。それなのに周りからのプレッシャーが強い(笑)あたたかい目で見守ってほしい(笑)」とコメント。

 続けて「…とはいえ、悠長なことを言っていると、打ち切られるのがジャンプだと理解はしています。気を引き締めて全力は尽くします。あとは読者の皆様へ送り届けるだけです」と意気込み「“サムハチ”でお願いします!!これがちょうどいいかなと。とはいえ、これはあくまで僕の希望ですよ」と新連載の略称&愛称を伝えた。

 ストーリーは、生命維持装置なしには生きられず、家から出たことすらない貧弱な少年・八丸(はちまる)が主人公。機械の体と人を超越した力を持つ“侍”になることを夢見ながらも、毎日オンラインゲームばかりしている彼の前に、侍を自称する猫が現れて物語が展開される“和”と“SF”をあわせた『侍SF活劇』。

 “和”と“SF”の世界観について岸本氏は、ORICON NEWSのインタビューで「元々、侍漫画を描きたい思いがずっとありました。集英社に最初に持ち込んだのは侍漫画なのですが企画が通らなくて、今回はリベンジの想いが込められています。当時の内容とはまったく違うのですが、侍とSFの世界観をあわせようと思ったのは、2つのジャンルが好きだからです」と説明している。

■作画担当の大久保彰氏のセンスを絶賛「正直、心の中で『負けた』と」

 原作に専念し、作画を大久保氏が担当することは「週刊連載だと僕のこだわり過ぎた絵では締切に間に合わない。『NARUTO』の時にそのような事例が出てしまい、僕が描いたら周りに迷惑をかけてしまう。週刊ペースではなく月刊ペースでの連載もありますが、それも難しいと考えていて、年4回くらいの季刊ペースでやっとだと思います」と告白。 「大久保君は本当に絵がうまくてセンスがいい。大久保君の描く『優しさ』『あたたかみ』のある絵を見た時に、認めたくはないけど、正直、心の中で『負けた』と。彼の絵に嫉妬した部分はありつつも、『彼の絵(才能)をいつか世の中に見せたい』、『彼のためだったら原作者になってもいい』と思えたほどです」と明かした。

 また、今回の新連載について『週刊少年ジャンプ』の編集長で『NARUTO』の元担当である中野博之氏は「『中野さんが編集長になったら、また週刊少年ジャンプで描きますよ』いつか岸本先生はそうおっしゃっていたのですが、その日本当に徹夜で『サムライ8 八丸伝』の第1話のネームを仕上げてくれていたんです。『…これはすばらしいお土産をいただいてしまった!』という感動とともに『これはいける!』という、確かな手応えを覚えました」と回顧。

 「『NARUTO-ナルト-』という王道中の王道作品を15年間描かれた後、次は…と思っていたら、これまた全世界的ヒットを目指せるフルスイングの王道作品!!それを生んでくれたことが、編集者としても、読者としても本当にうれしく、連載開始が楽しみです」と期待していた。

 岸本氏は1996年に『カラクリ』でデビュー。その後、1999年9月に1人の少年忍者と仲間たちの成長と活躍を描いた『NARUTO』を同誌で連載すると、アニメ化、映画化もされ、15年以上の長期連載となり14年11月に完結。国内のみならず海外から人気も高く、コミックスは全72巻までで全世界累計発行部数は2億5000万部を突破。16年3月より原作・監修を岸本氏、脚本を小説家の小太刀右京氏、漫画を池本幹雄氏が担当する形で『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』を月1連載している。

関連写真

  • 新連載『サムライ8 八丸伝』がスタートした『週刊少年ジャンプ』24号の表紙 (C)週刊少年ジャンプ2019年24号/集英社
  • 『NARUTO』と『サムライ8 八丸伝』のコラボビジュアル (C)岸本斉史・大久保彰/集英社
  • 岸本斉史氏の新連載『サムライ8 八丸伝』のビジュアル (C)岸本斉史・大久保彰/集英社
  • インタビューに応じる岸本斉史氏 (C)ORICON NewS inc.
  • インタビューに応じる岸本斉史 (C)ORICON NewS inc.
  • 新連載『サムライ8 八丸伝』のネーム (C)ORICON NewS inc.
  • 新連載『サムライ8 八丸伝』のネーム (C)ORICON NewS inc.
  • 新連載『サムライ8 八丸伝』のネーム (C)ORICON NewS inc.
  • 新連載『サムライ8 八丸伝』のネーム (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス