アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 高橋留美子氏の新連載『MAO』、サンデーで開始 『犬夜叉』に続く新たな少年&少女のシリアス怪奇浪漫

高橋留美子氏の新連載『MAO』、サンデーで開始 『犬夜叉』に続く新たな少年&少女のシリアス怪奇浪漫

 『らんま1/2』『犬夜叉』などで知られる漫画家・高橋留美子氏(61)の新連載『MAO(マオ)』が、8日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)23号よりスタートした。高橋氏が同誌で連載するのは、09年4月〜17年12月まで連載していた『境界のRINNE(りんね)』以来、約1年5ヶ月ぶりで、『犬夜叉』に続く新たな少年と少女のシリアス怪奇浪漫の物語が展開される。

【写真】その他の写真を見る


 新連載『MAO』のストーリーは、一度死にかけたことがある少女・菜花(なのか)が、下校途中に突然、ふたつの世界が交わる地で、ある少年に出会い、壮絶な運命に巻き込まれていくという少年と少女のシリアス怪奇浪漫。『犬夜叉』に続く新たな怪奇浪漫で、男女が出会うなど設定は似ているが、世界が繋がっていることはないという。

 また、新連載と『犬夜叉』に続く新たな怪奇浪漫の物語を記念して、テレビやラジオCM、WEB動画が制作され、すべてにテレビアニメ『犬夜叉』で犬夜叉役を務めた声優・山口勝平と日暮かごめ役のゆきのさつきが出演。WEB動画では犬夜叉とかごめが『MAO』を解説し、かごめの「犬夜叉、おすわり!!」などの懐かしいせりふややり取りを見ることができる。

 高橋と『週刊少年サンデー』とのつながりは深く、1978年に同誌で『勝手なやつら』でデビューし、同年に『うる星やつら』の連載をスタート。87年まで連載したのち、同年から『らんま1/2』(96年まで)、96年から『犬夜叉』(08年まで)、09年から『境界のRINNE(りんね)』(17年まで)を連載していた。また、同誌以外にも80から87年まで『ビッグコミックスピリッツ』で『めぞん一刻』の連載経験もある。

 世に送り出した作品は人気が高くテレビアニメ化もされていることから、昨年12月に「来春に新連載開始」の発表がされると、ネット上では「春っていつごろだろな? わくわく!」「61歳で週刊連載また始めるとか凄すぎるな」と喜びと驚きの声が。また、新連載開始日が登場キャラクターとともに今年4月に告知されると「年号を駆け巡る高橋留美子先生すごいです」「新しい令和という時代で新しい伝説が始まる」などと、期待する声が多く上がっていた。

■高橋留美子氏の『週刊少年サンデー』連載作品
・『うる星やつら』1978年〜87年
・『らんま1/2』1987年〜96年
・『犬夜叉』1996年〜2008年
・『境界のRINNE』2009年〜18年

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 高橋留美子氏の新連載『MAO』が掲載された『週刊少年サンデー』23号の表紙 (C)小学館
  • 高橋留美子氏の新連載『MAO』を祝う『犬夜叉』のCMカット画像 (C)小学館
  • 高橋留美子氏の新連載『MAO』のCMカット画像 (C)小学館

オリコントピックス