アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 千鳥・ノブ、作詞家デビュー 同郷の後輩・藤川千愛へ提供「あの日あの時」MVも出演

千鳥・ノブ、作詞家デビュー 同郷の後輩・藤川千愛へ提供「あの日あの時」MVも出演

 人気お笑いコンビ・千鳥ノブが、アイドルグループ・まねきケチャの元メンバーでシンガソングライターの藤川千愛の楽曲「あの日あの時」で作詞家デビューしたことが、明らかになった。同曲のミュージックビデオ(MV)にも出演しており、バラエティーの表情とは一味違う、シリアスな演技を披露している。

【写真】その他の写真を見る


 2人はともに岡山県井原市出身で、小学校から高校まで一緒という間柄。コラボの経緯は、昨年7月の西日本豪雨で地元の井原市が水害に遭い、藤川が復興寄付のために被災地を訪問した際、故郷の復興を後押しできる楽曲を作りたいと考えたことがきっかけ。同郷の先輩・ノブに歌詞提供をオファーしたところ、ノブが協力を快諾したことで実現した。

 この日に公開されたMVは、東京と岡山で3日にわたって撮影。ノブが東京での活動の合間に故郷岡山をふと想い出すシーンから始まり、バラエティーなどで見せる姿は封印し。“クセがすごくない”演技に挑戦した。2人が実際に通った笠岡商業高校や、曲中で「紅葉橋」と表現されている「天神峡」などの岡山の美しい景観をバックに、藤川が歌うシーンにも注目。「ふるさとを離れても生まれ育った故郷に支えられ、大切に想いながら頑張っていく」姿をノスタルジックに描いた作品となった。

 同曲は5月7日発売の藤川の1stアルバム『ライカ』に収録。発売前日の6日には東京・マイナビBLITZ赤坂でワンマンライブを開催するが、ライブ終演後に観客が1円から自由にチケット代を決めて支払うシステムになっており、ライブの売り上げは井原市に全額寄付される予定となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 藤川千愛(左)の楽曲「あの日あの時」で作詞家デビューした千鳥・ノブ
  • 藤川千愛

オリコントピックス