• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 高嶋ちさ子、子育ては「唯一の敗北」 仕事セーブ宣言の真意を語る

高嶋ちさ子、子育ては「唯一の敗北」 仕事セーブ宣言の真意を語る

 バイオリニストでタレントの高嶋ちさ子(50)が、きょう24日放送の日本テレビ系バラエティー番組『1周回って知らない話 2時間SP』(後7:00〜8:54)に出演。先月、およそ1年ぶりにブログを更新して、仕事をセーブすると宣言したことが話題となったが、同番組内でその真意を語る。

【写真】その他の写真を見る


 ブログでは、2007年2月に長男(12)、09年5月に次男(9)を出産し、2児の母として「そもそも子供が生まれた頃は、コンサートの本数も減らし、なるべく一緒に居られる様にしていました。それがいつのまにか流れでどんどん入れる様になってしまい、現在平日もほとんど家にいられません」とつづり、「まだまだ可愛い息子が、この1ヶ月荒れに荒れてます。原因は私です。一緒にいればわかる事、出来ることが何も出来ていなくて、本当に可哀想な思いをさせています」と反省した。

 この状況を受け、「今後、平日のお仕事は、子供が学校から帰宅する時間までに終わる物しか絶対にお引き受けしません。例外もなくします。この例外のせいで、どんどんルールが緩くなり、あっちも入れたんだからこっちも入れるとなってしまうのです」「なので、関係者の皆様、私は仕事人ではなくお母さんなので、仕事はセーブさせて頂きます」と宣言していた。

 高嶋は仕事セーブ宣言のきっかけについて、息子の行動に「危険信号」があったことを告白し、子育てについては「唯一の敗北」と認める。そこで2人の息子にもママへの本音を取材。「この際だから、お母さんに謝りたいことは?」という質問に、長男が「これからいっぱい悪いことします」と宣言。兄弟それぞれの個性あふれる回答に高嶋も思わず絶叫する。

 番組では、高嶋をよく知るママ友10人に緊急アンケート。「この人は絶対に敵に回しちゃいけないと心に刻んだ」という高嶋との学校行事での出来事や、「子どもだけではなく私も救われた」という高嶋の神対応など、彼女がプライベートで見せた言動を「怖〜い話」「優しい話」に分けてドラマ化する。

関連写真

  • 24日放送のバラエティー番組『1周回って知らない話 2時間SP』(C)日本テレビ
  • 24日放送のバラエティー番組『1周回って知らない話 2時間SP』(C)日本テレビ

オリコントピックス

 を検索