凛として時雨、舞台版『PSYCHO-PASS』主題歌 TK「より舞台を彩り、壊せるよう」

 3人組バンド・凛として時雨が、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』を初舞台化した『舞台PSYCHO-PASSサイコパスVirtue and Vice』の主題歌として、新曲「laser beamer」を書き下ろしたことがわかった。同曲は4月18日に配信リリースされる。

 凛として時雨はこれまで、同シリーズのテレビアニメ版オープニングテーマや劇場版の主題歌を担当してきた。シリーズ総監督で、今回の舞台の演出も手がける本広克洋氏からのオファーで新曲「laser beamer」を書き下ろした。

 ギターボーカルのTKは「立ち上げ当初から多くのシリーズに関わらせて頂いていますが、本広監督との打ち合わせの中で、『今まで誰も見たことがない様な舞台にしたい』という新たな進化を極限まで求めた熱意にこちらも全力で応えさせていただきました。より舞台を彩り、壊せるような音楽として共演させて頂きます」と意気込み。「本広監督、今回の事件は舞台で起こりますね」と、同氏が監督を務めた映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』にちなんだコメントを寄せている。

 鈴木拡樹主演の舞台は、4月18日〜30日まで東京・日本青年館ホール、5月3日〜6日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。チケットはすでに完売しており、5月6日の千秋楽でライブビューイングを実施することが決定、全国62ヶ所の映画館で中継される。公式サイトでは、舞台オリジナルの世界観が垣間見えるCM映像も公開中。

■TK(凛として時雨)コメント
「PSYCHO-PASS サイコパス」初の舞台化おめでとうございます。
立ち上げ当初から多くのシリーズに関わらせて頂いていますが、本広監督との打ち合わせの中で、「今まで誰も見たことがない様な舞台にしたい」という新たな進化を極限まで求めた熱意にこちらも全力で応えさせていただきました。より舞台を彩り、壊せるような音楽として共演させて頂きます。
本広監督、今回の事件は舞台で起こりますね。

関連写真

  • 凛として時雨
  • 鈴木拡樹主演『舞台PSYCHO-PASSサイコパスVirtue and Vice』
  • 舞台版『PSYCHO-PASSサイコパス』主題歌として書き下ろした「laser beamer」

オリコントピックス

メニューを閉じる