アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 元THE BOOM宮沢和史、5・22復帰後初アルバム KinKi Kids提供曲セルフカバーも

元THE BOOM宮沢和史、5・22復帰後初アルバム KinKi Kids提供曲セルフカバーも

 2014年に解散したTHE BOOMのボーカル・宮沢和史が、3年5ヶ月ぶりとなるソロアルバム『留まらざること 川の如く』を5月22日にリリースすることが決定した。16年2月から約1年間にわたる歌手活動休止から復帰後初のアルバムとなる。

 宮沢はTHE BOOM時代に「島唄」(92年)、「風になりたい」(95年)などのヒットを飛ばしたが、13年11月に「頚椎症性神経根症」と診断され、治療のため活動を休止。翌14年12月の日本武道館公演をもってバンドを解散し、ソロ活動を行っていたが、16年2月から無期限休養。翌17年1月に「長い休暇をいただいたおかげで長年苦しんできた首の椎間板ヘルニアが悪化することなく身も心も元気です」とツイートし、同年3月から活動を再開した。

 平成元(1989)年5月21日にデビューした宮沢は、デビュー30周年記念日の翌日、新元号の元年に復帰第1弾アルバムをリリースする。活動休止中に楽曲提供した夏川りみとのデュエット曲「よんなー よんなー」、島猫映画『Nyaha!』主題歌「わしま」、2017年にKinKi Kidsに提供した「Next to you」のセルフカバーなど、自身が作詞・作曲を手がけた全8曲を収録。夏川は「宮沢さんが帰ってきてくれたことはとてもうれしいですし、このあとどうなっていくのかということも、とても楽しみです」と復活を喜んでいる。

 全国ツアー中の宮沢はアルバム発売を記念し、30周年記念日の5月21日には東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで、5月23日には大阪・UMEDA CLUB QUATTROで朗読会&トークイベントを行う。

関連写真

  • デビュー30周年翌日に復帰アルバムをリリースする宮沢和史
  • 3年5ヶ月ぶりとなる宮沢和史ソロアルバム『留まらざること 川の如く』

オリコントピックス