• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 浅野温子、『緊急取調室』第1話ゲスト出演

浅野温子、『緊急取調室』第1話ゲスト出演

 体調の悪化で出演予定だった舞台の降板が発表された女優・浅野温子が、テレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』(4月11日スタート、毎週木曜 後9:00〜9:54※初回は15分拡大)の第1話に出演していることが明らかになった。

 叩き上げの取調官・真壁有希子(天海祐希)が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる。

 浅野が演じる警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子は、圧倒的な権限を持つ警察組織の上司として、また、人質救出目的だったと主張する“監禁立てこもり犯射殺事件”について取り調べを受ける被疑者として登場。キントリを撹乱し続ける“史上最悪の敵”となる。初共演の天海とゾクゾクする対立関係を演じた。

 天海と初対面した時の印象について浅野は「人の中にすっと入っていく方で、ビックリしました!」と仰天。「とても気遣い屋さんな天海さんが中心となって門戸を開いてくれていたから、疎外感が全然なかった! だからこそ気持ちがラクだったし、芝居でビシバシやるときも、切り替えがラクでした」と、リラックスした表情を見せていた。

 対する天海も「佇まいの雰囲気から細部に至るまで、細心の注意を払って役作りをされていて、とても勉強になりました」と、大先輩の女優魂に心酔。「撮影を終えた温子さんからは『最後まで頑張ってください』という言葉もいただき、今後への活力になりました。素晴らしい先輩に第1話を華々しく飾っていただき、本当に幸せです。感謝しかありません!」と、話していた。

 第1話には浅野以外にも、ゲストが多数登場。監禁立てこもり犯射殺事件の現場となった家の主婦・藤沢さおり役に市川由衣、立てこもり事件を起こした犯人・野本雄太役に淵上泰史、キントリを振り回す“ある事件”の被疑者・北山未亜役に吉川愛、そして…第1シーズン以来の登板となる篠井英介は今や警視庁の副総監となった相馬一成を演じる。皆、キントリ・メンバーの行く手に大きく立ちはだかる。

関連写真

  • 天海祐希主演ドラマ『緊急取調室』(4月11日スタート)第1話ゲストは浅野温子(左)(C)テレビ朝日
  • 天海祐希主演ドラマ『緊急取調室』(4月11日スタート)第1話ゲストは浅野温子 (C)テレビ朝日

オリコントピックス

 を検索