• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 上田まりえ、経緯説明し謝罪 休養や『5時に夢中』降板、松竹芸能退社など

上田まりえ、経緯説明し謝罪 休養や『5時に夢中』降板、松竹芸能退社など

 フリーアナウンサーの上田まりえ(32)が19日、自身のブログを更新。アシスタントを務めていたTOKYO MX『5時に夢中!』(月〜金 後5:00)の一時休養と降板、松竹芸能退社などについて、経緯を説明するとともに謝罪した。

 「みなさま、お久しぶりです」と切り出した上田は「まずは、みなさまに今日まで何もお伝えできなかったことを申し訳なく思っております。ご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 2月下旬から『5時に夢中!』休養したことについては「私自身、とても心苦しく、何より悔しい気持ちでいっぱいです」と胸中を吐露し「2月18日の放送前、ナレーション収録のためスタジオに入ったところ、原稿を持つ右手に震えが出てきました。時間の経過とともにどんどん症状がひどくなり、急遽出演を取りやめることになりました」と説明した。

 その後「すぐさま病院へ行き、お医者さまからは『自律神経障害』と診断されました」と告白。「数日お休みをいただき、復帰を試みたのですが、スタジオに行くとやはり右手の震えなどの症状が出てきました。テレビ画面で姿をお見せできるような状況ではないことから、休養せざるを得ない状況になりました」と明かした。

 「ご存知の方もいらっしゃるように、『5時に夢中!』以外の仕事はいつも通りできています」といい「食事も3食しっかりとることができていますし、睡眠もしっかりとれています。いろんな方から『痩せた?』と言われますが、体重も53キロあり、以前とまったく変わっていません」と現状を伝えた。

 夫との同居生活も始まり「家事に、仕事に、今まで以上に全力投球できる環境が整いました」とし「身体は元気なだけに、私自身このような症状が出てしまったことに驚いているのと同時に、自分の意思ではどうにもならないことが苦しくて、情けなくて…。私の気持ちだけではどうにもならず、お医者さまと事務所と番組の判断で今も出演を見合わせている状況が続いています」とつづった。

 『5時に夢中!』を担当していた3年間については「毎日とっても楽しくて、大好きな出演者のみなさまと過ごした1時間は、私にとってかけがえのない宝物です」と感謝した上田。「周りの方から『番組が嫌いだったの?』『下ネタが嫌だったの?』などと聞かれますが、そのようなことは一切ございません」ときっぱり。

 「大学院に通っていたことや会社を設立したこと、芸能活動以外の仕事をしていること、夫婦生活など、様々なことにチャレンジしていることで体調を崩したということではありません」と伝えた。

 あわせて、4月からは松竹芸能を離れ、フリーランスとして活動を行うことも報告し「1年半ほど前から事務所の方に相談をしていく中で、前向きに決断したことです。今回の休養とはまったく関係がありません」と記し「芸能活動だけではなく、自分で立ち上げたドゥ・ストレート株式会社でより幅広く仕事をしていこうと準備を進めております」と決意を新たにしている。

 最後は4月から文化放送で始まる新番組『なな→きゅう』の月曜から木曜のパーソナリティを担当することになったことを発表し、NHK BS1『ワースポ×MLB』とテレビ東京『インテリア日和』は変わらず担当することも報告。SNSも再開するとし「これからも上田まりえをよろしくお願い致します」と呼びかけている。

オリコントピックス

 を検索