アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 塚地武雅、『LIFE!』“イカ大王”の雑な扱いに嘆き 紅白の対応は徐々に変化

塚地武雅、『LIFE!』“イカ大王”の雑な扱いに嘆き 紅白の対応は徐々に変化

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャン内村光良ドランクドラゴン塚地武雅が14日、都内で行われたコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席。番組内で扮するキャラクター“イカ大王”を担当している塚地は、レギュラー放送7年を振り返り「番組は3回で紅白は5回」と登場回数を比較。番組内と紅白歌合戦の現場でキャラクターの雑な扱いに嘆きつつも今は対応が変わったことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 4月から新年度放送が始まるにあたり内村は「今シーズンは身体を張るものを個人的に1個やりたい。あとは、塚地のキャラクターを育てたいなと思います」とニヤリ。「塚地は初期メンバーなのですが、塚地のキャラクターが『グン!』と出ると番組もさらにグレートアップすると思います」と期待を寄せた。

 そんな塚地は自身の“イカ大王”について「「僕は初期メンバーでイカ大王をやらせていただいているのですが、シリーズとして(コントは)3回しかやっていない」と意外と少ないことを説明。

 「色々とロケとか行かせていただいて紅白にも出演している。ただ、シリーズとしては3回しか続いていないため、俺は番組で貢献できていないと思う。今回のシーズン7はイカ大王を上回るようなキャラクターを携えて、紅白にそのキャラクターで出る! それが目標です」と意気込んだ。

 紅白歌合戦の現場でも当初は「アーティストの方々から『なんだんだ、こいつは!』と、ゆるキャラ扱いなのか、カメラに映りに行こうとしたら止められたりした…」と雑な扱いだった。しかし、番組が人気となり認知されるようになってからは「『ここ映れますよ』とか、アーティストさんから『「LIFE!」観ていますよ』と、僕はどんどん世の中の反応が変わっていく姿を目の当たりにしてきた人物」と笑いながら番組の人気を肌で実感していると話した。

 この日は、新年度初回放送日(4月12日)のトーク収録が行われ、取材会にはムロツヨシ田中直樹中川大志シソンヌじろうも出席した。



関連写真

  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席した(左から)塚地武雅、ムロツヨシ、内村光良、田中直樹、中川大志、シソンヌじろう (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席した内村光良 (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席した塚地武雅 (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席した(左から)塚地武雅、ムロツヨシ、内村光良、田中直樹、中川大志、シソンヌじろう (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席した田中直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席した中川大志 (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会に出席したシソンヌじろう (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019