アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 電気グルーヴ、ツアー東京2公演中止 所属事務所が謝罪 ピエール瀧容疑者逮捕を受け

電気グルーヴ、ツアー東京2公演中止 所属事務所が謝罪 ピエール瀧容疑者逮捕を受け

 テクノユニット・電気グルーヴピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことを受け、所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツは13日、同ユニットの公式サイトで謝罪。今週末の15・16日にZepp Tokyoで開催予定だった『電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”』東京公演の中止を発表した。

【写真】その他の写真を見る


 同社は「この度、弊社所属タレントのピエール瀧が麻薬取締法違反の容疑で逮捕された件につきまして、関係各所の皆様、ファンの皆様へご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。「現在、詳細な事実確認を行っておりますが、この事態を重く受け止め、多大なるご迷惑をおかけしております関係各位の皆様へ対応させていただく所存です。また、本人の処遇につきましては、捜査の進捗を見守りつつ厳正に対処してまいります」とした。

 さらに、Zeppライブと連名で「3月15日(金)、3月16日(土)に予定しておりました電気グルーヴ30周年”ウルトラのツアー”の下記公演はピエール瀧の逮捕により中止とさせていただきます」とZepp Tokyo2公演の中止を発表。チケットは全て払い戻しとし、「チケットをご購入いただいた皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますことを、心よりお詫び申し上げます」と重ねて謝罪した。

 電気グルーヴは1月23日に結成30周年記念アルバム『30』(オリコン週間最高4位)をリリースし、今月2日から『電気グルーヴ30周年"ウルトラのツアー"』(全5公演)をスタート。福岡、岡山、大阪の3公演を終えていた。今週末の15・16日にZepp Tokyoでファイナルを迎える予定だった。

 ピエール瀧容疑者が最後にインスタグラムを更新したのは、8日の岡山公演翌日の9日。岡山城を背にした自身の写真とともに「ウルトラのツアー移動日。暇を持て余したので、岡山城&後楽園をヘラヘラしながら散策。緑豊かな庭園イメージを軽々と覆す茶色い冬の後楽園。なんか思ってたのと違う。しかしこれで日本三名園をすべて制覇。後楽園は時期の良い時にリベンジしたい」と投稿していた。

 インスタのコメント欄には「瀧さん…言葉がでないです。。」「ショックで立ち上がれません…」「瀧さん…何やってるんですか…」「マジメにふざけてる人だと思ってたのに…馬鹿!」「ウルトラのツアーであんなに2人仲良し自慢してたじゃないの。。1人だけの身体じゃないのに!みんな、電気もピエールも大好きなのに。。。。」などとショックや落胆の声であふれている。

 なお、ピエール瀧容疑者は今年1年間限定で、電気グルーヴでの活動に関する芸名を結成当初の「ウルトラの瀧」に戻している。



関連写真

  • 電気グルーヴ
  • ピエール瀧 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019