アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 田中みな実、女優デビュー作で難役に奮闘「楽しむ余裕ない」

田中みな実、女優デビュー作で難役に奮闘「楽しむ余裕ない」

 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が現在出演するフジテレビ系東海テレビ・オトナの土ドラ『絶対正義』(毎週土曜 後11:40)。今作で女優デビューを飾った田中だが、法律がすべての最恐のヒロイン・高規範子(山口紗弥加)の高校時代からの友人で、女優の石森麗香役をリアリティーをもって演じている。「演じていて過呼吸になってしまったり、心がぐちゃぐちゃになってしまうほど、精神バランスを崩してしまった人を演じるというのはとてもつらかった」と難役に奮闘している田中が作品への思いや役柄に対する感想を語った。

【写真】その他の写真を見る


 女優としての初めての撮影現場は「とても良い雰囲気の中、和気あいあいとやらせていただいています」と充実の笑み。「みなさん切り替えをしっかりされる方々で、空き時間は談笑していても本番ではガッと集中。女優さんの気迫を日々肌で感じています。(お芝居は)とても集中力を求められるお仕事だと思いました」と身をもって体感しているそう。

 麗香は人気女優でありながら不倫中というキャラクター。撮影が進むに連れ、「私はまだ皆さんについて行くのに精一杯で、楽しむ余裕はなかなかないのですが、ドア越しに(不倫相手の)亮治さん(神尾佑)と話して気持ちを通わせるというシーンの時に、初めて麗香の気持ちになれたと思いました。それまでは台詞を間違えないようにしようなど、どこか頑張っている感がありました。でもそのシーンの時に、自分でもどうにもできないやるせない気持ちが溢れてきて、麗香の気持ちと合い通じることができたのではと思ったんです」と役柄にも入り込めるようになってきた。

 一方で完成した作品を観ると「最初の方に撮影したシーンを観ると、もう一度撮りたいと思ってしまいます」と反省する部分も。「今がとても成長できているという気持ちとはまた少し違いますが、現場の空気にようやく馴染むことができているので、今、撮っていただいたらもう少しどうにか出来るのではないかと思ったりします(苦笑)」と前向きに明かす。

 劇中では背筋も凍る圧巻の演技をみせている山口だが「現場にいらっしゃると周りの皆が無条件に笑顔になるような、そんな方です」と尊敬の眼差し。休憩中にはスタッフ一人ひとりと会話をしたり、いちごの差し入れをしたりと気遣う姿に「とにかくとても温かい方です。山口さんと同じシーンがある日は、『今日は山口さんがいる!』ってうれしくなります。過酷なスケジュールでも全員が座長である山口さんにひっぱってもらって明るい気持ちで臨めるんです」と絶大な信頼を置いていた。

 明日9日放送の第6話では暴走の止まらない範子を殺めてしまった友人たちの苦悩が描かれる。「6話はより、ストーリーが怖くなっていると思います。範子を殺めてしまったことで、みんなが範子に対する懺悔の気持ちにもがき苦しみ追い詰められていくんです。元々気弱な麗香が果たしてその重圧に耐えられるのかということもそうですし、その気持ちの弱さから亮治さんに真実を話してしまうことで、今後の2人の展開がどうなっていくのかにも注目していただきたいです」とみどころを紹介。

 「私も演じていて過呼吸になってしまったり、心がぐちゃぐちゃになってしまうほど、精神バランスを崩してしまった人を演じるというのはとても辛かったので、そういう追い詰められる登場人物を観て、視聴者の皆さんも怖がっていただけたらと思います」と体当たりで臨んだ熱演にも注目だ。



関連写真

  • 東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『絶対正義』に出演する田中みな実 (C)東海テレビ
  • カンテレ『後妻業』×東海テレビ『絶対正義』コラボ企画 
  • 東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『絶対正義』場面カット(C)東海テレビ

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019