『日本GD大賞』に安室さん&クイーン、アジア勢ではBTS 新人はキンプリ、配信は米津玄師

 『第33回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストが発表され、2018年1年間でCD・音楽ビデオ・有料音楽配信等の正味売上金額が最も多いアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門を安室奈美恵さん(昨年9月に引退)、洋楽部門を英バンドのクイーンが受賞した。安室さんは2年連続3回目、クイーンは14年ぶり2回目の受賞となる。

【写真】その他の写真を見る


 日本レコード協会によると、安室さんは対象期間内(2018年1月1日〜12月31日)にアルバム45万6711枚、シングル3万645枚、音楽ビデオ199万6365枚、音楽配信218万3291ダウンロードを売り上げた。引退前のラストツアーを収録した最後の作品『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』では、「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)も受賞した。

 一方のクイーンはアルバム50万5824枚、音楽ビデオ9万4338枚、音楽配信18万9729ダウンロードの売上げ。売上増の原動力となった大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラック『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』は、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)に加え、「ベスト3 アルバム」(洋楽)、「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、4冠を獲得している。

 「ベスト・エイジアン・アーティスト」にはBTS(防弾少年団)が選ばれた。メンバーからは「すごく栄誉ある賞が頂けて本当にうれしくて光栄です。僕たちを愛してくださり、応援してくださるARMY(ファン)の皆さん、本当にありがとうございます」とコメント。また、「2019 年、新年からいいニュースがお知らせできて幸せです。これからももっといい作品とかっこいい姿で皆さんから頂いた愛にお返しできるように頑張ります」と決意を新たにしている。

 昨年デビューした新人で最も売上金額が多かったアーティストに贈られる「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門は、昨年5月23日に「シンデレラガール」でデビューしたKing & Princeが獲得。「これからも高みを目指しアーティストとしてそしてアイドルとして僕たちにしかできない音楽やパフォーマンスをたくさんの方に届け愛してもらいたいです。今後は、また違う部門でも賞をいただけるように精進していきます。本当にありがとうございました」と飛躍を誓った。

 また、有料ダウンロード数が最も多かったシングルトラックに贈られる「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)」は、米津玄師「Lemon」が受賞。TBS系ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として大ヒットした同曲。米津は「これからの音楽家としての人生において、この曲が北極星として輝き続けてくれるような気が今はしています。本当にありがとうございました」と感謝した。

▽『第33回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品

■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】安室奈美恵(2年連続3回目)
【洋楽】クイーン(14年ぶり2回目)

■ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】BTS(防弾少年団)

■ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
氷川きよし

■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】King & Prince
【洋楽】アラン・ウォーカー
【アジア】SEVENTEEN

■アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】『海のOh, Yeah!!』(サザンオールスターズ
【洋楽】『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』(クイーン)
【アジア】『FACE YOURSELF』(BTS(防弾少年団))

■シングル・オブ・ザ・イヤー
「Teacher Teacher」(AKB48

■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】「Lemon」(米津玄師)
【洋楽】「ザ・ミドル」(ゼッド、マレン・モリス、グレイ)
【アジア】「Candy Pop」(TWICE

■ベスト・ミュージックビデオ
【邦楽】『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』(安室奈美恵)
【邦楽】『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』(
【邦楽】『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018』(Hey! Say! JUMP)
【洋楽】『フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ - サンノゼ 1999』(ザ・ローリング・ストーンズ
【アジア】『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOURIN JAPAN 〜SPECIAL EDITION〜 at KYOCERA DO』(BTS(防弾少年団))

■特別賞
「U.S.A.」DA PUMP

関連写真

  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』受賞者が発表
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のアーティスト・オブ・ザ・イヤーを2年連続で受賞した安室奈美恵
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のアーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)を受賞したクイーン
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)を受賞したKing & Prince
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のベスト・エイジアン・アーティストを受賞したBTS(防弾少年団)
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のアルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)を受賞したサザンオールスターズ『海の Oh,Yeah!!』
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のアルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)を受賞したクイーン『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のシングル・オブ・ザ・イヤーを受賞したAKB48「TeacherTeacher」
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』のソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)を受賞した米津玄師「Lemon」
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』の特別賞を受賞したDA PUMP「U.S.A」
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』
  • 『第33回日本ゴールドディスク大賞』

オリコントピックス

メニューを閉じる