アニメ&ゲーム カテゴリ

『ガンダム』、NHKで4・29より放送開始 『THE ORIGIN』をTVアニメとして再編集

 2015〜18年にかけて劇場公開されたアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』がテレビアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』として再編集され、NHK総合で4月29日から毎週月曜午前0時35分(※関西地方は毎週月曜午前 1時9分)より放送されることが22日、発表された。ネット上では早くも「見せてもらおうか、NHK(地上)のガンダムとやらを」なとと期待の声があがっている。

【写真】その他の写真を見る


 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、1979年に放送された『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターの安彦良和氏が手掛けた、累計発行部数1000万部を超えるコミックスが原作。11年にアニメプロジェクトが発表され、15年〜18年にかけて、全6話をイベント上映及び劇場上映された。

 今作の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』は、この全6話を、オープニング&エンディング新作のうえ13本のテレビシリーズに再編集している。機動戦士ガンダム40周年プロジェクトの総合音楽プロデューサーとしてSUGIZOを招へい。40周年プロジェクトテーマ曲と、第1〜3弾と続く全てのオープニング曲は今年30周年を迎えるLUNA SEAが担当し、第1弾オープニングテーマは「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜」に決定した。

 今回の発表にネット上では「元の全6話も観たけどNHK版も観ちゃうだろうな」「CMが入らないのはイイね」「こんなに楽しみなことはない。見せてもらおうか、NHK(地上)のガンダムとやらを」なと期待の声が多くあがっている。

■ストーリー
“赤い彗星”と呼ばれるジオン公国軍のエースパイロット『シャア・アズナブル』と、彼の妹『セイラ・マス』の運命を決定づけた悲劇の始まりと過去「2人の兄妹の流転の物語」を背景にした物語。サイド3の実権を掌握しジオン公国を統率するザビ家、ランバ・ラルや黒い三連星など「一年戦争」で活躍した数々のジオン軍の名高きエースパイロットたちの若き日の勇姿、戦況を劇的に変えることとなった人型機動兵器「モビルスーツ」の開発秘話、地球連邦軍との軋轢や開戦への道程など、「一年戦争」以前の過去の物語が、映像として初めて描かれる。

■キャスト情報
シャア・アズナブル:池田秀一
アムロ・レイ:古谷徹
セイラ・マス:潘めぐみ
デギン・ソド・ザビ:浦山迅
ギレン・ザビ:銀河万丈
ドズル・ザビ:三宅健太
キシリア・ザビ:渡辺明乃
ガルマ・ザビ:柿原徹也

■スタッフ情報
原作:矢立 肇・富野由悠季
脚本:隅沢克之
音楽:服部髞V
総監督:安彦良和
企画・製作:サンライズ

関連写真

  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』のキービジュアル (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の場面カット (C)創通・サンライズ

オリコントピックス