アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ミスマガジン「読者特別賞」池松愛理、“彼女感”タップリにスレンダーボディ披露

ミスマガジン「読者特別賞」池松愛理、“彼女感”タップリにスレンダーボディ披露

 昨年7年ぶりに復活した名門ミスコン「ミスマガジン2018」で「読者特別賞」を獲得した池松愛理(22)が、9日発売の『週刊ヤングマガジン』第11号(講談社)に登場。セルフプロデュースのグラビアに挑戦し、密着感タップリの笑顔と水着姿を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 福岡出身の池松は、サバイバルオーディション番組『ラストアイドル』のセカンドユニット「Good tears」のリーダーを務める本格派アイドル。身長163・バスト83・ウエスト57・ヒップ83センチというスレンダーボディと、“きれいなお姉さん”風のルックスを誇る。

 「強くてクール」という印象を持たれがちだが、今回自ら選んだテーマは“彼女感”。おうちデートのシチュエーションで、一緒に目覚めて朝ごはんを食べ、お出かけするまでの時間をビキニ姿と私服風衣装をまじえながら、キュートに演じている。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアにはアンジュルムカントリー・ガールズ船木結Juice=Juice/カントリー・ガールズの梁川奈々美、センターグラビアにはモデルの毛利愛美が登場する。



関連写真

  • 『週刊ヤングマガジン』第11号に登場した池松愛理(C) 岡本武志/ヤングマガジン
  • 『週刊ヤングマガジン』第11号に登場した池松愛理(C) 岡本武志/ヤングマガジン
  • 『週刊ヤングマガジン』第11号表紙

オリコントピックス