アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 関西Jr.密着番組、初回はクリスマス公演までの日々 関ジャニ・大倉&横山が想い告白

関西Jr.密着番組、初回はクリスマス公演までの日々 関ジャニ・大倉&横山が想い告白

 エンターテインメントのバックステージを描く新しいフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(※関東ローカル 毎週金曜 深1:25)では、8日の放送から第5弾『はじめまして、関西ジャニーズJr.です!』として関西ジャニーズJr.を4週にわたって特集。初回では大阪松竹座でのクリスマス公演に向け、歌や踊りのみならず、笑いやバンド演奏のスキルを磨き続ける彼らのけいこ場での日々を追う。

 関西ジャニーズJr.は、下は小学生から、上は20代まで、総勢50名以上からなる大所帯。昨年秋、関西ジャニーズJr.としては約4年ぶりとなるユニット・なにわ男子が誕生するなど、さらに盛り上がりを見せており、昨年末に行われた伝統・大阪松竹座での約1ヶ月に及ぶクリスマス公演、そして年明けの大阪城ホール2日間公演では、合わせて約10万人を動員。

 そんな彼らのサポート役を買って出たのは、関西ジャニーズJr.出身の先輩で、関ジャニ∞大倉忠義横山裕の2人。家族のような温かい雰囲気の関西ジャニーズJr.。そんな彼らの努力や奮闘の姿、そしてそれを陰から支える先輩2人の姿にカメラが密着する。

 大倉はサポートの理由を「孤独や不安を抱えていても、相談できる相手がいない中、やっているのではないかと思った。彼らのために何か手伝わせてもらいたいと思った」と、ジャニーズJr.時代の自分とも重ね合わせる。このクリスマス公演でもバラエティーコーナーの演出を担当した横山は「すごいな、と思うような面白い子たちがたくさんいる。その子たちを輝かせたい」と熱い胸の内を明かす。
 
 なかでも注目なのが、なにわ男子のセンターを務め、単独でCMや連続ドラマに出演している西畑大吾。「僕を知っていただけることで、関西ジャニーズJr.や、なにわ男子を好きになってくれたら」と関西Jr.一丸となって飛躍したいという想いを語る。昨年出演したドラマの現場で番組のカメラが入り、東京の大学生の役のため、標準語で話さないといけないにもかかわわらず、つい関西弁のイントネーションが出てしまい、苦労する姿も映し出される。



オリコントピックス