アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「人生は1回」大野智、夏木マリ和尚から有り難い言葉授かる

「人生は1回」大野智、夏木マリ和尚から有り難い言葉授かる

 嵐の大野智が出演する久光製薬・アレルギー専用鼻炎薬『アレグラR FX』『アレグラR FXジュニア』の新テレビCM「アレグラ寺の和尚」篇と「雑巾がけ@アレグラ寺」篇が12日よりオンエア開始。大野扮する紫色の“アレグラ人”サトシーラによるコミカルなCMの新シリーズ第7シーズン目となり、今回は日本の『おてーらー(お寺)』で夏木マリ扮するアレグラ寺の住職・真理(まり)和尚から花粉の飛散の仕方と、「そして人生は1回」という人生の教訓までありがたい話を授かる…といった内容になっている。

 新テレビCM「アレグラ寺の和尚」篇では、花粉に苦しむ地球人を救うため、24時間態勢で戦い続けるアレグラ人のリーダー・サトシーラとサクラーバ(桜庭和志)が、花粉のことをもっと知りたいという探究心から、真理和尚のもとへ。サトシーラの「花粉って何だろう?」という疑問に真理和尚は「花粉は昼に舞うだけでなく、夕方も舞いおりるもの」と答える。

 実は2016年の同商品テレビCMでアレグラ人のボス・マリーグラとして登場していた夏木。今回は1時間半をかけた特殊メイクでつるつる頭に大変身して、ロケ地である実際のお寺の境内にやってくると、そこへテレビには映らない靴下まで全身紫色に染まった大野が合流。今回は“地球人”としての登場ということで「帰ってまいりました。人間としてね!」と茶目っ気たっぷりにあいさつする夏木に大野をはじめ、監督やスタッフからも笑みがこぼれた。

 「雑巾がけ@アレグラ寺」篇では、タイトル通り、お寺の縁側をサトシーラ、サクラーバ、兄弟弟子のお坊さんたちが、真理和尚の掛け声に合わせ雑巾がけをするシーンがメインに。リハーサル、本番を通して、実際に雑巾がけをするなかで横からのカット、正面からのカット、寄り(アップ)のカットなど複数のカメラポジションごとに、そしてセリフのひと言ひと言ごとに、計20回にわたって縁側の雑巾がけに励んだ。

 監督からは「大変かもしれないけれど、もうちょっと顔を上げてください!」といった指示もあり必死のキャストたちは撮影終盤、膝に手を当てて立ち上がりながら「すでに筋肉痛です」と悲鳴。そのかいあってか監督からは「いいですね〜!」と迫真の演技に満足の声が。厳しい修行のおかげで縁側はピカピカとなった。



オリコントピックス