• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • TRF・SAM、医師一族の家系を生かし“新作ダンス”考案「自分も医療に役立てる」

TRF・SAM、医師一族の家系を生かし“新作ダンス”考案「自分も医療に役立てる」

 ダンス&ボーカルユニット・TRFSAM(57)が、あす6日放送のフジテレビ系『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(後10:00)に出演。自身が考案した、老若男女が楽しみながら踊れると話題になっている「ダレデモダンス」を梅沢富美男らに伝授する。

【写真】その他の写真を見る


 梅沢から「失礼ですが、おいくつに?」と聞かれたSAMが「57です」と答えると、その変わらない容姿にスタジオが騒然。そんなSAMがアンチエイジングを目的に考案し、話題になっている「ダレデモダンス」は、どうやって生まれたのか。2年間にわたって、ともにダンスを作り上げた医師の丸山泰幸氏がVTRに登場する。

 SAMは泰幸氏との関係について「実は、彼はいとこであり、高校の後輩」で、自身の実家が埼玉県で設立68年を迎える丸山総合病院を経営しており、父はもちろん、男兄弟は全員医師というまさに医者一族だったと告白。当然、SAM自身も幼い頃から医師になることを期待されていたものの、ひとりダンサーとなった。

 泰幸氏は、3年前にSAMのダンスイベントで楽しそうに踊る高齢者を見て「これはリハビリで絶対いける!」と確信。一方、心のどこかでずっと医師になれなかった自分に劣等感を感じることもあったというSAMも「ダンスを使えば自分も医療に役立てる」と思い、泰幸氏と協力し、健康エクササイズの開発に踏み切った。

 VTRでは、SAMの幼少期の貴重な写真も数多く紹介され、スタジオゲストも「かわいい!」と大盛り上がり。さらにスタジオにCHIHARUETSUも登場し、TRFのダンサーがスタジオに集結。「ダレデモダンス」を伝授してもらう梅沢も、Tシャツ姿で真剣にダンスをすると「楽しい!」と心身ともにアンチエンジング効果を実感した様子だった。

関連写真

  • いとこで医師の丸山泰幸氏とともに新作ダンスを考案したSAM(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ
  • 6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ

オリコントピックス

 を検索