• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 黒柳徹子、テレ朝60年の歴史を振り返る 番組視聴率ランキングも発表

黒柳徹子、テレ朝60年の歴史を振り返る 番組視聴率ランキングも発表

 2月1日に開局60周年を迎えたテレビ朝日では、きょう3日に記念番組『テレビ朝日開局60周年記念 年代別にすべて発表!! 番組視聴率ランキングTOP60』(前10:00〜11:45※関東ローカル) を放送。スペシャルコメンテーターとして、女優の黒柳徹子が出演。自身のエピソードとともに、視聴率の計測が始まった1960年代から年代別に高視聴率番組をランキング形式で振り返る。

 テレ朝60年の歴史をほぼリアルタイムで知る黒柳は、「昭和28年(1953年)からテレビが始まっていろんな事がありましたけど、テレビが無い時代は方言を直すのに時間がかかったんですよ。それが、テレビが出来たことによって一気にみなさん標準語になって、方言があってお仕事が難しかったりする人が、テレビによって全く問題なく参加できるようになったのはすごいことだと思います。それから皆さんがニュースを見るのに、当然のように『今日何があったのか』と、日本人がニュースに関心を持つようになったのもテレビのおかげじゃないかなと思います」と、
感慨深いものがあった様子。

 番組では、スポーツ、ドラマ、バラエティー、アニメ、さまざまなジャンルの歴史的な番組を次々と紹介。60年代には、海外ドラマやアニメ、“テレ朝歴代最高視聴率ドラマ”もランクイン。黒柳は、これよりも昔の時代、ドラマは生放送が当たり前だった時に体験した爆笑ハプニングを披露。さらに、黒柳が女優としてドラマ出演していた超お宝映像も公開。今では見ることのできない黒柳の出演シーンは必見だ。80年代には、“視聴率100%男”と言われた、欽ちゃんの番組も登場。コント55号が売れたのは黒柳のおかげ(?)。黒柳とのエピソードもたっぷり紹介する。

 2000年代に入り、高視聴率を獲得した国際的なスポーツ中継の名場面には黒柳も声を上げて大興奮。テレビ界の“生き字引”とも言える黒柳のエピソードと一緒に、懐かしい記憶が映像とともに蘇る。

 この先のテレビはどうなっていくと思うか、という問いに黒柳は「皆みなさんいろいろおっしゃるけど、テレビというものが無くなることはないと思うんです。
家に帰ってテレビをつけて、『今日何があったのかな?』と、見るのは悪いことじゃないと思うんですよ。だから、絶対これからもテレビを続けていただきたいと思うんです」と、テレビ業界にエール。

 同局で放送されている黒柳の冠番組『徹子の部屋』についても言及し、「放送して44年なんですよ。あと6年やるとちょうど50年やることになるので、6年はやってみたいと思ってるんですけど、(年齢が)90ちょっとになるのでね。50年テレビに出続けたっていう人は少ないと思うので。さすがに60年やろうと思うと100になっちゃうからね(笑)。それはちょっと大変だって思います(笑)」と、まんざらでもないような、意欲をみせていた。

 番組司会は、同局アナウンサーの坪井直樹大下容子が務める。

関連写真

  • 2月3日放送、『テレビ朝日開局60周年記念 年代別にすべて発表!! 番組視聴率ランキングTOP60』(※関東ローカル)にスペシャルコメンテーターとして出演する黒柳徹子(C)テレビ朝日
  • 司会はテレビ朝日アナウンサーの坪井直樹・大下容子が担当(C)テレビ朝日

オリコントピックス