ZARD坂井泉水さんが最新映像技術で復活 倉木麻衣と「負けないで」デュエット

 2007年5月に惜しまれつつもこの世を去った平成を代表するアーティスト・ZARD坂井泉水さんが、2月1日放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』3時間スペシャル(後7:00)で、ハリウッドの最新技術で復活し、歌手の倉木麻衣と一夜限りのデュエットを披露することが27日、明らかになった。

 坂井さんは「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」など、大ヒット曲を数多く世に送り出し、その透き通るような歌声と詞、キャッチーなメロディで90年代を席巻。そんなZARDの楽曲を聴いて育ち、坂井さんが書く女性目線の歌詞に多大な影響を受けてきた倉木は、デビュー後に同じレコード会社に所属し、ZARDのライブに足を運ぶのはもちろん、アーティストの先輩・後輩としても親交を深めていた。

 2002年には坂井さんが倉木の横浜アリーナライブを訪問し、終演後の楽屋で対面。そのときに坂井さんからかけられた言葉は、いまでも倉木を勇気づけているという。坂井さんの3回忌にリリースされたZARDの45枚目のシングル「素直に言えなくて」にはフィーチャリングボーカルとして参加、追悼ライブにも出演するなど、倉木は坂井さんを敬愛し続けてきた。

 倉木にとって憧れの坂井さんと同じステージに立つことはかなわぬ夢となったが、坂井さんが天国に旅立ってから12年、最新の映像技術を駆使して奇跡のコラボが実現することになった。歌うのは、ZARDを代表する国民的応援ソング「負けないで」。この日しか見られない感動のデュエットが実現する。

 番組にはそのほか、ORANGE RANGEGENERATIONSジャニーズWEST乃木坂46秦基博などが出演する。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索