アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 元プロレスラー・小橋建太が俳優初挑戦 格闘シーンで本領発揮

元プロレスラー・小橋建太が俳優初挑戦 格闘シーンで本領発揮

 2013年に引退した元プロレスラーの小橋建太が、28日放送のTBS系月曜名作劇場『森村誠一サスペンス「魔性の群像 刑事・森崎慎平5」』(後8:00)で、俳優業に初挑戦することがわかった。不良グループから暴行を受け重傷を負った息子の惨状を目の当たりにし、復讐に燃える父親・真島正義役に起用された。

【写真】その他の写真を見る


 小橋といえば90年代後半からプロレスラーとして活躍。鍛え上げられた肉体と不屈の精神で「鉄人」と呼ばれ、数々のタイトルを取得してきた。今回演じるのは、普段はおとなしく気の優しい父親だが、息子を傷つけられたことで“魔性”が目覚めてしまう…という役どころ。劇中では、多勢の不良グループに一人で立ち向かい、大乱闘を繰り広げるシーンもあり、元プロレスラーの本領を発揮した迫力ある場面となっている。

 撮影を終え、小橋は「演技をするのは初めてだったので難しかったですが、自分の子どもがもし同じ状況になったらどのような感情になるか想像しながら演じました」と奮闘。「中野(昌宏)監督が非常にやりやすい環境づくりをしてくださり、演技指導も厳しいながらやさしく、楽しく撮影ができました」と満喫したようで、主演の小泉孝太郎については「初めてお会いしたんですが、撮影中もとても気さくに話してくださり、とても温かい方でファンになりました」とすっかり心を許していた。

関連写真

  • 『森村誠一サスペンス「魔性の群像 刑事・森崎慎平5」』で小橋建太が俳優デビュー (C)TBS
  • 『森村誠一サスペンス「魔性の群像 刑事・森崎慎平5」』で小橋建太が俳優デビュー (C)TBS

オリコントピックス