アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 市原悦子さん死去 82歳 『家政婦は見た!』シリーズや『日本昔ばなし』ナレーター

市原悦子さん死去 82歳 『家政婦は見た!』シリーズや『日本昔ばなし』ナレーター

 2時間ドラマ『家政婦は見た!』などに主演した女優の市原悦子(本名・塩見悦子)さんが、心不全のため12日午後1時31分、死去した。82歳。所属事務所ワンダー・プロダクションが公式サイトで発表した。市原さんは、19日から上演の舞台『悪魔と天使』に声で出演予定だった。

 サイトで「弊社 女優 市原悦子(本名 塩見悦子)は かねてより病気療養中のところ平成31年1月12日 午後1時31分  享年82歳にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し 謹んでご通知申し上げます」と報告した。

 遺族と事務所による合同葬儀として、東京・青山葬儀所で17日に通夜、18日に告別式を執り行うことを告知した。

 市原さんは1936年生まれ、千葉県出身。高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修を経て、俳優座養成所へ進み、1957年に舞台『りこうなお嫁さん』でデビュー。ドラマ『家政婦は見た!』シリーズなど多数の代表作を持ち、75年スタートのアニメ『まんが日本昔ばなし』では俳優の常田富士男さんとナレーターを務めた。



オリコントピックス