アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • NGT48山口真帆“暴行被害” OGから運営対応に疑問の声「絶対に間違っている」

NGT48山口真帆“暴行被害” OGから運営対応に疑問の声「絶対に間違っている」

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48山口真帆(23)が暴行被害を受け、本人が10日の公演に出演し謝罪した騒動について、同じ48グループのOGから運営スタッフの対応へ疑問の声が続々とあがっている。

【写真】その他の写真を見る


 山口は自身のツイッターで被害を訴えた翌10日、NGT48劇場で行われたグループ3周年記念公演に出演し、騒動となったことを謝罪。その後、運営スタッフがグループ公式サイトで一連の経緯と謝罪文を掲載し、今後の対策として「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じる」と説明した。

 この一連の流れを受け、元NGT48キャプテンで昨年4月にグループを卒業した北原里英が10日、自身のツイッターで「詳しく全てを知っているわけではないので」と前置きした上で「外から見ているからこそ思うことはあります。 あなたは謝るべきではありません!謝らないで。悪いことしてないです。本当に!頭を下げるのは間違っています!わたしが悔しい」と山口を激励。同時に「犯人である男性に謝ってほしいわけじゃない。だけどこんなの変でしょ?絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」と運営の対応について疑問を呈した。

 また、元AKB48で2012年に卒業した増田有華も11日、「防犯の範疇にない時に防犯ベルは取り出せないと思いますー。襲われてからじゃ遅いんや。いつの時代や」と運営の再発防止策を指摘。続けて「部外者がすみません。でも私も家に入られて事件になったことがあったから、なんだか他人事に思えなくて」と切り出し、「反省してないから、他人事だから、同じことが繰り返されるんだと思う。騒ぎになってしまったし、取り敢えず表立って謝っとくかって そんなのメンバーやファンの皆さんをバカにしている」と山口がステージで謝ることに異を唱えた。

 さらに「命を預かってる事を忘れないでほしいですね。これだけ大所帯なんだから、尚更」「再発しないように、防犯ベルとかそういうのではなくて、ちゃんと向き合ってほしいです」と訴えている。

 運営の発表後、現役メンバーも事件に対してツイッターで心境を語りだした。HKT48指原莉乃は4回に渡るツイートで山口の回復を願いながら、運営の対応について改善を要求。AKB48とNGT48を兼任する柏木由紀も「ステージに立って頑張ろうとするメンバー全員の側にいることが、今の自分にできる精一杯でした。本当にごめんなさい。ファンの皆さんに安心していただける言葉が今は思うように浮かばず、皆さんにご心配をおかけしてしまっていることも本当に申し訳ないです」と謝罪した。

 騒動の発端は、山口が9日朝に投稿した「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」というツイート。これにファンから心配の投稿が相次いだが、NGT48側はコメントを発表せず、10日にNGT48劇場で行われたグループ3周年記念公演に山口が出演し、騒動となったことを謝罪。その後、運営側が公式サイトで一連の経緯と謝罪文を掲載した。



関連写真

  • 山口真帆の暴行被害について運営スタッフに疑問を呈した元NGT48キャプテン北原里英 (C)ORICON NewS inc.
  • 暴行被害を受けたNGT48・山口真帆の回復を願う指原莉乃 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス